【超簡単レシピ】今夜のおつまみはこれに決まり!ビールにめっちゃ合う「キム納豆腐」の作り方

スポンサーリンク
どーも、ヌイです。
 
 
ヌイ飯第二弾ということで超簡単レシピを作っていきたいと思います。
 
 
実はわたし初回のヌイ飯で言うの忘れたんですが、こう見えてクッ〇パッドのレシピ雑誌に掲載されたり、わたしのレシピが動画化されたりしてます。同じレシピですが。
 
 
本当は公開したいのですが、本名でやっちゃったんで公開できません(笑)心底本名で公開したのを後悔してます。ダジャレじゃないよ。
 
 
余談はこの辺にしておいて書いていきまっせ。今回のレシピ「キムなっとーふ」と読みます。
 

材料

    • 絹豆腐 1/2丁(木綿でもOK)
    • キムチ 100g(適量)
    • 大粒納豆 1パック
    • ごま油 適量
    • ごま 適量
    • のり 適量
 

作り方(所要時間10分)

  • キムチをざく切りする。1㎝間隔で切りました。
  • キムチはスーパーで売られているものでOK
  • 納豆とキムチを一緒に混ぜる。
  • 納豆についているタレを投入。
  • 味が薄いと感じたら醤油をお好みでかける。
  • 豆腐にキム納豆を乗せる。
  • 仕上げにごま・ごま油・ノリをかける。
  • 今回使ったのりはコストコで買っている味付けのりを細かく刻まれているやつです。

完成!!

スポンサーリンク

今日の豆知識:発酵食品最強説

発酵食品の効果

発酵食品として代表的な食材には、ヨーグルト、チーズ、味噌、納豆、そしてキムチなどの漬物などがあげられますが、これらの食材は発酵させることで、味や匂い、食感などが変わるだけでなく、元の状態よりも栄養価が高くなることがわかっています。
 

納豆の効果

納豆の特徴とも言えるネバネバの部分には、元の素材である大豆にはない「ナットウキナーゼ」というタンパク質分解酵素が多く含まれています。研究を重ねる中で、このナットウキナーゼには血血栓を溶解する働きがあることも分かり、血液サラサラ効果が期待できます。

さらに、大豆には女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを持つイソフラボンも豊富なため、ホルモンバランスを整え、女性特有の様々な症状を改善する効果も。

キムチの効果

発酵食品のひとつであるキムチにも、腸内環境を整えてくれる乳酸菌、必須アミノ酸、食物繊維などが含まれています。
 
 
こう考えると発酵食品って最強ですね。しかも豆腐は大豆でできているし、このレシピ簡単なのに最強なんです。
 
 
今回の引用は「美肌×レシピ」さんにお世話になりました。もっと詳しく書かれています!
 
 

最後に

是非、夜に小腹が空いたなーという時や、今日のおつまみはヘルシーにしたいなという時は作ってみてください。本当にシンプルで美味しいし栄養満点でオススメです!
 
 
ビールとも本当に合いますよ。最近はもっぱらオールフリービールですので、夜だけど罪悪感なしで食べれて呑めて最高です。
 
 
今日はここまで。またまた気が向いたら簡単レシピ載せていきますね。
 
 
完。

余談

豆腐料理ハマっているんですが、これ気になっています。
 

これで本当の完。

The following two tabs change content below.
94年生まれの女子大生。複業として自分の名前でも仕事がしたい。自分メディア『ヌイの脳内』は名刺作り感覚で運営中。脱力系女子だけど、考えることは大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です