集団面接に100%通った私が、コイツ絶対落ちると思った3つの特徴

スポンサーリンク
就活生
あ~書類が通って、明日初めての集団面接なんだよね。緊張する。グル面で落ちる人の特徴ってなんだろう。
ヌイ
グループ面接・グルディスで落ちる人の特徴は大きく3つあるから、語っていい?
 
 
どーも、ヌイ(@nui_nounai)です。
 
 
グループ面接(通称:グル面)やグループディスカッション(通称:グルディス)は、多くの企業で行われる大切な選考の1つ。18卒の私も、すべての企業で行ったというわけではありませんが、経験しました。 
 
 
自分と他の就活生が比べられる選考でもあり、ちょっとメンタル的には大変な選考でもある。ですがある3つのことを意識すれば、あなたが集団面接で落ちる確率はグッと下がります。
 
 
私は無事、集団面接・グルディスをすべて通過しました。そんな中選考で出会った就活生を見て、この人絶対に落ちるなという特徴が、だいたい3つのケース分類できてます。
 
 
僭越ながら未来の就活生のために、記録にしたいと思います。ぜひ反面教師にしてグループ選考突破し、内定への大きな一歩にしてください。
 
 

落ちる特徴①外見を整えられてない

 
 
ここでいう外見とは、「清潔感」のことです。
 
 
私はすべて、IT業界(主に業務効率系)の総合職を希望していました。総合職を希望していると、ほとんどが営業職になると思います。
 
 
仮にあなたが、面接官だとします。就活生の外見が下記だった場合、一緒に働きたいと思いますか?
 
  • スーツやシャツがしわくちゃ
  • ホコリやゴミがついてる
  • 靴が汚かったり傷だらけ
  • 髪がボサボサ
  • バックの中身がぐちゃぐちゃなのが丸見え
  • 肌荒れがひどいのに隠そうとしない(特に男子)
実際に会った就活生です。イケメンやブスの差ということを、外見が整えられていないというわけではありません。上記のことなら誰でも努力できる。
 
 
営業職を希望しているのにも関わらず、外見を整えられていないのはもう致命的。本当に真面目に選考に来ているのか、謎です。
 
 

 
自分でいうのもあれだけど、これあながち間違っていないと思う。
 
 
外見が整えられていないと心の余裕があるように見えず、面接官も不安に思うと思います。一緒に働きたいなんて、到底思えない。
 

余談:私が実際に使ってた外見整えグッズ

 
私が実際に使ったグッズの詳細に関しては、まとめて別記事にします。ですが今すぐ気になるという方はよかったら、飛んでみて下さい。
 
 
靴磨きに関しては、一部始終を写真付きでまとめています。本当に靴磨きが楽しくなるくらい、素晴らしいグッズです。 
 
 
イケメン・美人でなくても、テストでいう問①くらい簡単に、清潔感は磨くことができます。ここで減点されてはもったいないので、必ずゲットしましょう。
 
 

落ちる特徴②自信がない

 
 
本当に、自信がなさすぎる人が多過ぎ問題。
 
 
もちろん自信過剰もよくないですが、自信がない子に面接官は魅力を感じないと思います。安心して、お仕事任せませんよね。
 
  • 目を合わせながら話せない
  • 声が小さくて何言ってるのかわからない
  • 話を端的にまとめられない
  • 逆質問でもじもじ
  • 面接官をラスボス並に怖がる
「自信がない」と一言で片づけてしまいましたが、上記の行動が出てしまっている場合、すべては自信のなさからきていると思ってます。
 
 
 
自信を持つことは、就活ではかなり重要。私が実際にやって自信がついた5つのことをまとめてみました。シンプルですが効果的だったので、参考にしてもらえるとうれしいです。
 
 

落ちる特徴③コミュ力がない

 
最後はやっぱりこれで、コミュニケーション能力がない。
 
 
正直に言えば、これが1番大切と言っても過言ではなくて、①②でちょっとヘマしたとしてもコミュ力さえあればグル面では突破できると思います。
 
 
先日『就活で3つの大切なコミュ力を意識したら、面接でずば抜けて飛躍した』という記事にて、就活のおけるコミュ力をまとめた記事を書きました。
 
  1. 面接官のニーズや意図を読み取ること
  2. ニーズに対して、的確かつ端的に答えること
  3. 相手への配慮
就活におけるコミュ力と、友達関係でのコミュ力は違います。私は就活中「コミュ力」を特に意識し出してから、基本的には最終面接or内定という結果まで飛躍しました。
 
 
実際に出会った就活生を例にしてみたりして、記録してます。2000字ほどのボリュームなので、サクッとついでに読んでいって下さい。
 
 

反面教師にしてグループ面接は軽々と突破しよう

 
グル面で落ちる学生として、今日は3つに分けてみました。ですが反面教師にして、逆のことをすれば一気に面接では飛躍します。
 
  1. 外見を整えられていない
  2. 自信がない
  3. コミュ力がない 
「反面教師」にして逆」を行く☟
 
  1. 外見を整え、清潔感を意識する
  2. 自信を持つ
  3. コミュ力を常に意識する
かなりシンプル。きちんとできれば、グル面だけではなく2次面接までも軽々行けると思います。意外とたくさんの学生が、できてないですから。
 
 
面接のコツが掴んでくれば、不思議と自信も付き、どんどん楽しくなってきますよ。
 
 
ほかにも私が就活をおえて感じたことを、就活カテゴリーでたくさん書いているので、読んで頂けるとうれしいです。
 
 
無事にあなたが突破しますように。
 
The following two tabs change content below.
94年生まれの女子大生。複業として自分の名前でも仕事がしたい。自分メディア『ヌイの脳内』は名刺作り感覚で運営中。脱力系女子だけど、考えることは大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です