私が休学した本当の理由は「就活したくねえ、働きたくねえ」から始まった

スポンサーリンク
 
どーも、ヌイ(@nui_nounai)です。
 
 
突然ですが、私は大学4年の秋学期から1年間休学してます。卒業まで残り半年を残し、思い切って休学。我ながらに大胆だと思います。
 
 
休学中はスモールビジネスをしていて、「個人で稼ぐ」を経験。就活のガクチカ(学生時代に1番力を注いだこと)も、このことを話しました。 ここも我ながらに、大胆だなと。
 
 
でも私の休学した本当の理由は、個人で稼ぐことを経験したいからではありません。これは実は、友達にも先生にも言っていないこと。
 
 
私は休学をした本当の理由。それは、「就活したくねえ」「働きたくねえ」からはじまってます。どうです、アホですか?多分、アホですね。意識低いですね。
 
 
べつに最初から目的が明確にある休学でなくても、いいと思います。なんとかしようとするから、なんとかなりましたから。
 
 
もしあなたが、休学したいけど就活のことを考えるとチャレンジできないのであれば、あとから考えてもいいと思いますよ。今回はそんな話。
 
 

1年後働いている自分が想像できない。なにより働きたくない。だから休学した

シューカツ、したくねえ

 
もちろん就活中に聞かれる「休学した理由はなんですか?」に対して、きちんと整えて話しました。その内容も嘘ではありません。
 
 
でも冒頭でも言ったように、私の休学した大きな理由は「就活したくねえ」「働きたくねえ」です。
 
ヌイ
働きたくない。就活したくない。合説のスーツの集合体の写真コワイ。ごろごろ寝てたい。まだ卒業したくない
 
私は、新卒フリーランスになりたいとは思ってはいませんでした。絶対に、会社員は経験しておきたいと思っていたので。
 
 
ただ4年になった時、1年後働きたくなかったんです。大学生の特権でもある、「自由」を手放したくなかったから。
 
 
チームプレーを除き自己責任での問題では、私は自分が納得しないと動きません。たとえみんなが同じ方向に進んでも、進みません。頑固者なんです。
 
ヌイ
みんながやってても、私が納得できないのはしない。逆に、みんながしてなくても私が納得できるなら、やる。
 
私は、高校までの学生生活は嫌いなほうでした。あ、人間関係の問題はあったことはありません。穏便でした。ただ、クラスといった箱単位での生活が本当に嫌だったんです。窮屈すぎる。
 
 
大学でやっと箱単位での生活から解放されたのに、社会に出たら同じ思いするのかと思うと、もう億劫でしかたがない。その思いを来年からすると考えると、もう嫌で嫌で。
 
 
だから、休学しました。シンプルですね。
 
 

今では働く覚悟ができ、むしろ働きたい。余白ができたからこそ、自分と向き合う時間がどっと増えた

自分と向き合う時間ばっかり!余白最高!

 
就活をおえて、私は働く覚悟ができました。なんなら、働きたいと思えるくらい。自分を奮いたたせることができたし、せっかくやるなら結果だして貢献していきたいと思ってるくらいです。
 
 
そう思えたキッカケは、休学中に自分とたくさん向き合うことができたから。
 
 
余白がたくさんできた分、そのスキマを埋めようと自発的に動きます。インプット量が異常に増えたので、今ではこうしてブログを書いています。とても楽しいです。
 
 
たくさん考えた結果、自分の中で仮説がどんどんできあがりますよ。例えばこんな感じ☟
 

働き方に対する仮説がどんどんできるので、社会人になったらどんどん検証してみたい。もっと自分を知ってみたい。
 
 
人と関わる時間がどっと減り一気にノイズがなくなるので、そこから新たな自分がわかったりする。これも休学のお陰です。
 
 

もし、休学したければすればいい。就活のことなんて、あとで考えればいいんじゃない?

私、シューカツやる。働く覚悟ができた。

 
私は、休学を考えていない人に対して「休学しようよ」とは言いません。「まだ大学4年間というレールに消耗してるの?」とも言いません。
 
 
でも、あなたが少しでも考えているのであれば、迷っているのであれば、背中をおしてあげたい。
 
 
もちろんあなたが、就活のことを考えてしまうのはわかる。だって私もそうだったから。
 
 
でもね大丈夫、なんとかなる。だって、なんとかしようとしている自分がいるから。だからなんとかなる。これくらい軽い気持ちでいいんじゃないかな。
 
 
私は、休学というほどよいリスクや負荷を自分にかけることで、納得のいく形で就活をおわらせることができました。
 
 
余談ですが、以前『就活の軸はやりたくないことをリスト化すると、本当の自分がわかる』という記事では、嫌な会社リスト→素敵な会社リストが、本当に自分が求めている会社じゃない?という記事を書きました。
 
 
【自分の嫌な会社リスト】
 
ー長時間労働
ー飛び込み営業
ー勝手に転勤を命じられる
ー週休完全2日でない
ー大手(人が多すぎる)
ー飲み会が風潮的で断れない
ーガツガツしている人ばっかり
ー出世待ちな年功序列
ー風通しが悪い
ー不安定
ースーツで働く
 
【こんな会社が素敵だリスト】
 
ー若くても自分の意見が反映されて風通しが良い
ー週休完全2日制
ーB to B
ー従業員数500人前後
ー転勤はほぼない。支社がない
ー何かの分野でシェアや売上がNO1
ー社風がONとOFFがしっかりしていてメリハリがある
ー市場価値が上がる環境や仕事
ー自社製品を扱っている
ー私服で働ける
1年前ならこんな発想、思いもつかなかったはず。でも考える時間が増えたからこそ、面白い発想もできるようになった。
 
 
ちなみに、かなりわがままな軸でそれに合った会社にしか基本的にエントリーしませんでした。その結果、上記の会社に内定獲得。(もちろん実際に働いてみないとわからないけど)
 
ヌイ
月間残業時間20時間未満で、週休完全2日制。有休消化率も高い!フー!
 
長々と書いてしまいましたが、休学してもなんとかなります。むしろ私は、休学したからこそ就活が上手くいったのかもしれません。
 
 
あなたが1年休学したことによって、落とすような会社には行かなければいい。
 
 
休学したいなら、したほうがいいですよ。目的や覚悟は後づけでいいから、後悔のない学校生活を送りましょう。なんとかなりますよ。
 
 
自分で感じた就活系に関して、かなり詳しくまとめています。よかったら一緒にご覧ください。
 
 
 

noteマガジン「ヌイの低燃費就活戦略発売中」

 
この度ブログではけして書けない、もっと込み入った話をnote限定で書いています。
 
 
私は「休学」×「中堅私大」×「尖ったガクチカ」といった、世間的にみたらハンデを抱えた就活となりました。
 
 
そんな私が低燃費にそこそこの結果をだせたワケとは?質疑応答や図解をつかって、4つの戦略をかなり詳しく晒しているので、よかったら是非ご検討ください。
 
 
戦略のほかにも、1次情報を下に書いたコラムも執筆します。買い切りで購入時の値段ですべて読めるようになるので、早めの購入がお得です。値上げもします。
 
 
詳しくは下記のリンクからどうぞ。まずはプロフィールと免責事項からご覧ください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です