大手が安泰?ベンチャーで力をつける?今後1番の安定は一体何なのか

スポンサーリンク
 
どーも、ヌイ(@nui_nounai)です。
  
 
いきなりですがあなたは、仕事において今後の「安定」を獲得するために、どうすべきだと考えますか?
 
 
よく、「大企業の安泰orベンチャーでスキルアップ」だと比べられがちです。
 
 
でも本当にこの2択だけが正解なのでしょうか?
 
 
結論から言えば、これからの時代に大切になのは、個人名でも仕事をする複業をすることだと、私は考えています。
 
  • 働き方にあたって今後の安定ってなに?
  • 安定って大手なの?それとも転職を考慮してベンチャーでスキルアップ?
  • 正直安定よりも、好きなことを仕事にしたい
今回の記事は、これから就活生で上記のことで悩むあなたに、すこしでも参考になれればなと思います。
 
 
ちょっと変わった視点での意見ですが、1つの参考例として読んで頂けるとうれしいです。
 
 

今後の働き方の安定は、個人でも力をつける複業(副業)をすること

 
私が今回の記事を書くきっかけになった、タクスズキさんのツイートをまずはお読みください👇
 

 
完全に同感です。これからの時代に大切になのは、個人名でも仕事をする「複業」だと考えています。
 
 
今の時代は本当に恵まれていて、雇われ以外でも自分で収入を得ることは可能。意外と気づいていない人が多い印象です。
 
 
これから、私が実際にブログ等で「個人で稼ぐ」を体験してから感じた、複業をすることで得られる3つのメリットを書いていきます。
 
 
 

複業をすることで得られる3つのメリット 

 
 
私が考える複業(副業)の3つにメリットです👇
 
  1. 収入源の分散になり働き方の「保険」を得られる
  2. 社会人の「安定」と個人の仕事の「挑戦」の両方に寄生できる
  3. 好きなことを仕事にできる
この3つのメリットがどう安定につながるのかを、下記から詳しく説明していきます。
 

① 収入源の分散になり働き方の「保険」を得られる

 
会社のお給料だけに依存するのは、怖くないですか?
 
 
終身雇用はもうなくなりつつあって、企業勤めは安泰という思考をそろそろ捨てないといけません。
 
 
だからこそ「複業」でリスクヘッジして、収入源を分散させる必要がある。キャッシュポイントを増やすことが、1番の保険。詳しくは下記の記事をどうぞ👇
 
 
言い方が悪いですが、いつでも逃げれる保険があるからこそ逃げたくなくなる。心の余裕が寛大に繋がると思っています。 
 

②社会人の「安定」と個人の仕事の「挑戦」の両方に寄生できる

 
 「安定or挑戦」と対峙関係にされがちで、「会社員orフリーランス」と比べられているのだと思います。正直、その論争はナンセンス。
 
 
安定にだけしがみついていたらいつか物足りなさを感じますし、かといって無条件に挑戦するのは心理的負担が大きい。安定があるからこそ、挑戦に飛び込めます。
 

 
安定と挑戦は対峙しているようで、本当は仲良し。
 
 
会社員の「社会的保障」を持つことで精神的な安定を保て、個人でのお仕事の「挑戦」が充実するのではないかと。
 

③好きなことを仕事にできる 

 
「好きなことを仕事にできる」ことは、複業の1番の醍醐味ではないでしょうか?
 
 
会社員は、「安定」と「お給料」が保証されている大きなメリットがある代わりに、必ずしも好きなことだけをできるとは限りません。
 
 
たとえ自分のやりたいことができると思って入社したとしても、最初から自分の裁量で進められるわけではないですよね、きっと。
 
 
雇われている以上、しょうがないことです。
 
 
なので私は、会社で「好きなことを仕事にする」という発想を捨てました。詳しくは、下記の記事に書いています。好きなことが嫌いになるかもしれませんし。
 
 
その代わり「ヌイ」としてでの活動は、好きなことで埋め尽くしたいと思います。大好きなブログを中心に、どんどん活動の幅を広げたい。
 
 
自分のペースで縛られずに活動できて、好きなことだけを仕事にできる。これは、働く上で充実度を増してくれる大きな要素。 
 
 
 

おわりに:これからの安定は個人での活動も仕事にする「複業」をすること

今回は私が考える、これからの安定について綴ってみました。会社員と個人の活動の両方を本業にする、複業が大切じゃない?ってことです。
 
  1. 収入源の分散になり働き方の「保険」を得られる
  2. 社会人の「安定」と個人の仕事の「挑戦」の両方に寄生できる
  3. 好きなことを仕事にできる
「大手orベンチャー」とは違いちょっと尖った意見にはなりますが、1つの例として参考にして頂ければと思います。
 
 
大学生から複業思考を持つと、これからの働き方は「憂鬱」だけではなく、もっと前向きに捉えられるるはずです。
 
 
努力次第で、好きなことで生きていくは可能だと信じてブログと向き合っています。ぜひ上記の記事だけでも読んでいただけるとうれしいです。
 
 
もっと広い視野で、就職活動や今後の働き方について考えてみてくださいね。
 
 

追記:2017/09/13

今回の記事を読んだ方は、複業って理論上は正しいけど実際にはむずかしくない?と、思われる方も多いと思います。
 
 
下記の記事では、そんな複業を何としてでも両立したいと思った私が、会社選びにおいて絶対にゆずれなかった2つの軸を綴ってみました。
 
 
私も就活時は悩んだ点ではあったのですが、意外と条件を絞っていればむずかしくないということ。
 
 
合わせて読んでいただけるとうれしいです。
 
The following two tabs change content below.
94年生まれの女子大生。複業として自分の名前でも仕事がしたい。自分メディア『ヌイの脳内』は名刺作り感覚で運営中。脱力系女子だけど、考えることは大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です