【開封レビュー】無印kindleをついに購入!写真多めでサイズ感などを紹介

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
94年生まれの女子大生。複業として自分の名前でも仕事がしたい。脱力系だけど、考えることは大好き。
この記事に辿り着いた方は、kindleの購入を考えている方でしょうか。1番安い無印kindleって実際にどうなの?と悩みますよね。
 
 
ついに私も、実際に無印kindleを導入しました。今回は、レビュー記事として綴ってみたいと思います。
  • 無印kindleってどうなの?
  • kindle自体の感想はどう?
  • 電子書籍でも紙に近い感覚で読めるの?
このような疑問に、今回私がお答えできればなと思います。参考にしていただけると、うれしいです。
追記:2017/04/23
数ヵ月後に「kindleを導入してのメリット」を別記事にしたので合わせてご覧ください。最後にもリンク貼ってます。
 
 

購入したのは無印kindleのキャンペーン情報付き

 
kindleを習慣化させれるかすこし不安だったので、1番お手頃価格の無印kindleのキャンペーン情報付きを購入しました。色はホワイトです。
 
 
よく比較されるのはPaperwhiteで、大きな違いは「内臓ライトの有無」と「解像度」です。
 
 
ここで迷われている人が多いですよね。私は特に必要性を感じなかったのでやめました。それでは早速、開封レビューしていきます。
 
 
スポンサーリンク

開封レビュー

kindle開封から連携まで

img_7264
まず第一印象として、箱に入っている状態でもすでに軽いかったです。わずか252gって軽すぎ。
 
img_7267
■中身
  • kindle本体
  • micro usb
  • 簡易説明書

入っているのは上記の3つのみ。シンプルなのが、写真からでも伝わるかなと思います。

img_7270
■設定
  1. 言語設定
  2. Wi-FI接続
  3. Amazonとの連携

設定もシンプルで、10分あれば程でした。細かな写真は撮るのを忘れてしましましたので、割愛させていただきます。

kindleの材質やホールド感など

img_7282
ホールド感は、手がかなり小さいでもしっかり持てて安心感あります。材質はざらっとプラスチッキーでマットな感じ。指紋が気にならないのでいいですね。

kindleで実際にめくった時やハイライトを引いた時の印象

読んだ時の印象は、「やっぱり解像度がもうちょっとあればいいなー」と正直感じてます。Paperwhiteはもう少し解像度がいいので、チェックしてみてください。
 
 
気になる紙との比較ですが、触った感じちょっとザラっとしているので、紙とかけ離れている印象はありません。アナログ感を味わえるのはよかったです。

めくった時とハイライトの印象は、もうちょっと全体的にサクッとしてるといいなって思います。スマホやタブレットの方が、サクサクです。慣れれば問題ないかなと👌

 

【2017/11/02更新】キャンペーン情報付きってどうなの?

img_7281
情報つきとつかないものでは、2000円の差額が生じます。この差が高いと安いと感じるのか。情報付きだと常に画像のような画面になります。
 
 
あらためて更新して綴っていますが、私はそれほど億劫に感じていません。スマホのロック画面に慣れているので、大きな支障には感じていません。
 
 
電源を入れて、あとは軽くクリックすればすぐに読めれるようになるので、それほど問題はないと思います。
 
 
スポンサーリンク

kindleを4000円引きで購入できるのは裏技を知ってますか?

Amazonプライム会員」になると、kindleを4000円引きで購入できるんです。最近ではPrime Readingという、会員限定の読み放題サービスもはじまりました。
 
月額325円(年間費3900円)で、上記の恩恵をうけれるようになります。学生は月額159円(年間費1900)で「Prime student」に加入できます。
 
ヌイ
kindle購入したい方でまだプライム会員になっていない人は、必ず入った方がいいですよ
ソウ
ほかにも特権がたくさんあるので、詳細を見に行って下さいね
 
 

おわりに:無印kindleでも十分に読書環境は捗りそう

今回は無印kindleの開封レビューと、全体的は肌感を書いてみました。すこしでもイメージがわいてくれたら、うれしいです。
 
 
Paperwhiteと迷いますが、無印kindleでも十分に読書環境としては捗りそうです。そしてキャンペーン情報付きもそこまで億劫ではなかったです。
 
 
冒頭にも書きましたが、kindleとはもう1年近くの付き合いになりました。「kindleを導入してどんなメリットがあるのか?」をまとめてみたので、こちらもあわせてご覧ください。
 
 
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。あなたにとって、すてきな読書環境となりますように。
 
スポンサーリンク

kindle紹介 

無印kindle

迷ったkindle paperwhite