先入観を捨てるには、先入観を持って検証するところから始まる

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
94年生まれの女子大生。複業として自分の名前でも仕事がしたい。脱力系だけど、考えることは大好き。
友達
先入観とか偏見ってさ、どうしたら無くなるんだろ。持っちゃいけないってわかっても難しいよね。
ヌイ
先入観って持っても良いと思うよ。むしろ、先入観や偏見を一切持たない人っていないっしょ。そこから検証することで変わると思うな~
 
 
どーも、ヌイ(@nui_nounai)です。
 
 
先入観や偏見って払拭することって難しいですよね。自分ではいけないってわかっていても、知らず知らずのうちに形成されちゃったりして。
 
 
それがメディアの影響だったり、自分の育った環境や周りの人の影響だったりと、勝手に自分の中でできあがるイメージってあると思います。
 
 
私も結構自分で勝手に人の印象を決めつけたりして、心の中で申し訳ないなって思ったりしてました。どうしたら偏見ってなくすことができるんだろって悩んだり。
 
 
でも自分が大学2年の頃に、中東のバーレーンに行った時から考え方がガラっと変わり、先入観や偏見を持つことはべつにいいんだって肩の荷がおりました。
 

 
 
 
 
私は大学2年の春休みに、色んな縁があってとある事業に参加するため、中東バーレーンに行く機会がありました。行ってきたけどもう異空間でびっくり。毎日が刺激的だった。
 
 
バーレーンってイスラム教徒の国なんですが、私が行ったのは2015年2月。その数か月前にはISISによって日本人ジャーナリストが2人殺された時で、イスラム教に対する悪い偏見や先入観をほとんどの人が持っていた時だと思います。もちろん私もその1人。
 
 
豚肉食べれない、お酒飲めない、毎日のお祈り、女性はスカーフ。そもそもイスラムに対して関心が無かったので、大変な宗教だな~って恥ずかしながら参加前は思っていました。「イスラム教=厳格」みたいな。
 
 
でも実際にバーレーンでの、8日間の生活や学びを通してもう一気に覆された。ライトなことを書けば、お酒を飲んでて豚肉を食べているムスリム(イスラム教徒の人)もいる。普通にスーパーにも売ってある。バーレーンには外国人の方も沢山来るからね。
 
 

イスラムの礼拝堂のモスク

 
イスラムの礼拝堂であるモスクでイスラムに関して学べた機会があったのですが、イスラム教の聖典には「旅人を大切にする」という教えがあって、私が実際にホームステイをした時、かなりの心からのおもてなしを受けました。
 
 
前々から準備してくれた手料理、1日の行動プラン、私のやりたい・見たいを全て叶えさせてくれて、お土産まで。これもコーランの教えがあるからこそここまで出来るんだなと。
 
 

ホストの家。超豪邸でした。

 
 
日本では「おもてなし」って言葉をよく聞くけど、本当のおもてなしって何だろう?とすごく考えた時間でもあった。形ではなくそれ以上に大切なのは心からするということ。
 
 
文章では言い表せれないから誤解を生まないためにこれ以上は書かないけど、本当に沢山の価値観がグラついた。
 
 
イスラム教の国でも、根っこは一緒だけど国ごとに習慣が違う。日本だって地域によって性格が変わったりする。時間の感覚だって変わってくる。だから一概に言えないってことも知ることができたんです。
 
 
スポンサーリンク

大きなギャップを感じたときに、むしろ学びたくなる

 
 
私は国際学部にいるんですが、3年の頃から授業が深くなってくるんでバーレーンでの学びがとても良いタイミングだったんです。
 
 
もっとイスラムについて多角面から学びたいと思ってイスラム系の授業を片っ端から受けていきました。政治、マイノリティー問題、女性問題。もっと知りたいと思った。
 
 
でもよくよく考えると、こんなに知りたくなったのは、先入観や偏見が超覆されたから。
 
 
もしバーレーンに行ってなかったら私イスラム系の授業は履修してなかったと思います。だって興味がなかったもん、事業に参加する前は。
 
 
だから先入観は持っても全然大丈夫。むしろプラスになる。でも1つだけ気を付けていることは、常に変わる事への柔軟性は持つようにしています。
 
 

池上彰(著)池上彰が読むイスラム世界

 
 
イスラムの入門としてはかなり解りやすかった本です。さすが池上さん。もし興味があれば是非。
 
 

先入観や偏見を持つこと悪なんじゃなくて、変わらないことが一番悪だと思うんだ

 
 

パートで働いている様子

 
バーレーンに行って思ったことは、偏見や先入観を持つことが悪なんじゃなくて、むしろ変わろうとしないことや知ろうとしないことが、一番危険なんじゃないかってことです。
 
 
先入観って、ある意味仮説みたいなもの。その仮説を検証もせずに、仮説が結果になっている人は本当に危険。しまいには、その勝手に結果にしたものを人に押し付けたり、絶対って言ったりしたらもう末期。
 
 
偏見という仮説ができたら、本当にその仮説が正しいのか色々と調べていくことで、その場その場の偏見って自然となくなりますよ。
 
 
だからある意味、強すぎる信念や変わらなすぎることって怖いこと。先入観が覆された時、むしろその変化を楽しめるくらい、柔軟でタフな人間になることが重要じゃないかと。
 
 
もしあなたが身の回りにある問題でもいいので、先入観や偏見を払拭できずに悩んでいるのであれば、まずは先入観を持ってみて本当にそうなのか検証してみることをおすすめします。
 
 
その後に広がる世界があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です