自分の経験や好きなことは、必ずしも会社員としてやりたいとは限らない

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
94年生まれの女子大生。複業として自分の名前でも仕事がしたい。脱力系だけど、考えることは大好き。
就活生
自分は留学をしてきたし、なんとしてでもこの経験を社会に活かしていきたい!でもなんか、自分の感情と当てはまる会社がなかなか見つからない。
ヌイ
無理して自分の経験や、やりたかったことと結びつける必要なんてないんだよ?
 
 
 
どーも、ヌイ(@nui_nounai)です。
 
 
つい最近就活が終わったのですが、あらためて不思議だなと思うことがあります。自分の経験や自分が大好きなことが、必ずしも結びつくとは限らないなってことです。
 
 
就活生の中では、どうしても自分の経験を活かしたくて、経験を活かせる会社を希望している学生さんも少なからずいるはずです。
 
 
留学して英語が話せるから英語を使った仕事を必ずしたい、僕は商社希望!みたいな。
 
 
もちろんあなたの中で納得しているのであればいいのですが、何か心の中でモヤモヤがあったり一致がしないのであれば、今のあなたを許して考え直してもいいと思います。
 

 
 

嫌なことリストを書き出すことで本当の自分がみえてきた

 
 
 
就活初期、私は軸がさだまっていない状況でした。だからこそ、自分の経験に近い会社の説明会に赴く。
 
 
例えば、私はブログで発信することが好きです。
 
 
不特定多数の人に自分の書いている文章が伝わることって魅力的。なのでウェブメディアや広告、PR会社にかなりの数足を運んでみました。
 
 
でも1つも行きたいなと思える会社に出会えないジレンマ。自分の興味があることだし好きなことにも関わらず、どうしてだろうとモヤモヤしたり悩んだりしていました。
 
 
でもある時から逆転の発想で、こんな会社で働きたくないリストを書いてみたんです。
 
やりたいことを書いててもそれが潜在的に拒否している場合がある。心の中で何か矛盾を感じているのであれば、やりたいと思ってはいるけど潜在的にやりたくないってこと。
 
実はこれ、『就活の軸はやりたくないことをリスト化すると、本当の自分がわかる』という記事にまとめてます。ちょうど、就活中に書いた記事。ちなみに、自分の嫌な会社リストはこんな感じ。
 
 
【自分の嫌な会社リスト】
 
ー長時間労働
ー飛び込み営業
ー勝手に転勤を命じられる
ー週休完全2日でない
ー大手(人が多すぎる)
ー飲み会が風潮的で断れない
ーガツガツしている人ばっかり
ー出世待ちな年功序列
ー風通しが悪い
ー不安定
 
 
もちろん全部に当てはまるわけではないんだけど、長時間労働・週休完全2日でない・ガツガツしている人ばっかり・飲み会が風潮的は、かなり当てはまってた。もう少し細分化すると、
 
 
『自分がメディア系で働きたくないと思った理由』
 
ー自分の言葉で口調で発信したい
ー会社のイメージを気にして訂正されて発信するのは嫌
ーあまり納期に縛られて働きたくない
ーあくまで自分がいいなと思ったモノやサービスを発信したい
 
 
少しわがままかもしれないけど、書き出したら自分が今までときめかない理由が一目瞭然に。もう、これだってすぐ腑におちた。上記のことを満たすには、会社員としてではなく自分でやっていくしかない。
 
 
自分が好きなことと、自分が社会に出て組織の一員としてやっていきたいことは、必ずしも一致しないんですね。
 
 
スポンサーリンク

自分の経験や今までずっとやりたかったことを、無理して当てはめる必要なんてない

 
 
今の時代、会社に雇われないと本当にしたいことをできない時代ではないと思います。むしろ「個」の時代になっているからこそ、会社員とは別に「好きなことで生きていく」は可能。複業ってことで。
 
 
確かに留学をして頑張って身につけた「英語力」を使って、活かしたいのはわかる。経験をむだにしたくないし、肯定したい。
 
「ガクチカ」や「自己PR」は、きっと過去のあなたの感情や出来事の点と点が繋がり、線になった場合があります。
 
でも冷静に考えてみたら、必ずしも英語力を活かせない会社でも留学の経験は絶対にむだにはならないはず。違う角度で、その体験談が活きることだってあるかもしれないですよ。
 
 
例えば、留学したからこそ人見知りの自分から脱皮して、外交的になれた。外向性って社会人では結構大切なスキルですよね。自分の過去の体験って、点と点が結びつく瞬間ってたくさんある。
 
 
最悪、本当の自分に向き合わないと、好きなことが嫌いになる可能性だってある。企業に内定を頂いたはいいものの、実際に入ってみると英語が堪能な人ばっかりで肩身が狭いとか。
 
 
私の場合、「ライフワークバランス」は就活の軸において大切な軸の1つだったので、そのままメディア系に入ったら自分の時間がとれず、キャパオーバーになっていたはず。発信することが嫌いになったら辛いもん。
 
 
もしあなたが、モヤモヤや腑におちないのであれば、もう一度原点に戻って自分ときちんと向き合ってみてください。
 
 
本当に「やらないことリスト」や「嫌なことリスト」は、潜在的なあなたに出会える効率的な方法ですよ。かなりおすすめです。
 
 
ほかにも私が就活をおえて感じたことを、就活カテゴリーでたくさん書いているので、読んで頂けるとうれしいです。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です