団体旅行は消耗に終わる。友達とは、ふたり旅をすすめたいわけ

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
94年生まれの女子大生。複業として自分の名前でも仕事がしたい。脱力系だけど、考えることは大好き。
サークルのメンバーで卒業旅行に行きたくない大学4年生です。(中略)私は、正直行きたくありません。同期のメンバーとは表面上仲良くやれていますが、正直ノリや話は合わないなと思っています。(中略)本当に行きたくないです。我慢してみんなに合わせるべきか、行かなくてもいいか、どうしたらいいでしょうか??
引用:知恵袋
ヌイ
貴重な最後の長期休暇を、行きたくもないのに時間とお金を消耗するのはもったいないです。旅行は3人以上だと誰かが我慢することになる。思い切って断って、本当に気の合う友達とふたり旅で満喫しましょう。
 
 
どーも、ヌイ(@nui_nounai)です。
 
 
 
いきなりですが、私は旅行に行くときはもう1人か2人って決めてます。中でもふたり人旅の方が、断然好き。
 
 
集団での旅行に行くことは、もうなくなりました。断っています。まあ私は基本的に、友達との食事や遊びもほとんど2人なんですけどね。
 
 
協調性が一般的に比べてすこし欠如しているということもありますが、もう4人以上の旅行は、控えめに言って疲れるだけ。特に女子旅で4人以上なんて、本当に消耗に終わるだけ。
 
 
大学生は特に、友達との関係で集団での旅行に行く機会もあると思いますが、 無理して集団で合わせていく必要なんてないよってことを、今日は声を大にして言いたい。
 
 
せっかく貴重な時間やお金を娯楽に投資しているわけなんだから、後悔のないわがままな楽しい旅にしちゃいましょう。ふたり旅のメリットを今日は語ります。
 
 

ふたり旅のメリットは、お互いのわがままが叶う素敵な旅になる

 
私は旅行に行くときモットーにしているのは、「後悔のない旅にすること」です。食べたいことも観たいのも、感じたいのもすべて、現地にいるときに体感したい。
 
 
そしてもちろん自分だけでなく、一緒に行く相手のわがままも叶えたいわけです。自分も相手も、すべてのわがままを叶えて、やっと充実した旅行になる。
 
 
私が1人旅・2人旅しかしないのは、旅で自分の欲求を満たすには、2人が限度だから。そして特に、4人以上になれば誰かが我慢するから。
 

誰かが我慢している旅なんて嫌

 
人数が増えれば増えるほど、一緒にいる人の願望が叶う確率が減っていく。人数が多いほど掛け算になって、幸せ度がUPするなんて夢物語です。
 
 
修学旅行を体験してればわかると思うけど、人数多いからこそ無意識に我慢している人なんてたくさんいる。そして気を使いすぎて疲れる。娯楽なのに疲れるって本当に最悪だよね。
 
 
韓国のパックツアー(2泊3日)を5、6人で行った友達結構いますが、やっぱり感想を聞くと「疲れた」って言ってます、案の定。
 
ヌイ
韓国2泊3日を5人で行ってきたって言ってたよね?どうだった?
友達
ヌイが言ってたようにすっごく疲れた。観光もそんなにできなかったし、食べたいものも全部食べれなかった。なんかね…これ内緒だよ!!!
 
こんなもんですよ。しまいには、行かなきゃよかったって言葉も聞くしね。2泊3日なんて2人でもやっとわがままがギリ叶うかどうかなのに、5人で行くなんて無理無理。
 
 
たしかに人数が増えれば安くなってお得で大人数でいく人も多いけど、自分と相手の幸福度を上げるためにちょっと高くなってもいい。
 
 
その微々たる差で、旅の後の満足度が大きく変わりますから。ここは楽しさの投資って考えましょう。
 
 
スポンサーリンク

ふたり旅は、色々と思い出を共有できるからいい 

 
そんなにわがままを叶えたいなら、1人旅で行けばいいじゃんという声が聞こえてきますが、やっぱり旅を共有できるっていいよ。
 
 
旅先での感動や、食事のおいしさ、トラブルがあっても笑い話にできること。1人旅も好きな私ですが、やっぱり共有できる相手がいることは楽しい。あと写真もお互い撮りあって、記録にもできるしね。
 
 
やっぱり旅行はふたり旅に落ち着きます。サークルなどで集団の旅行を行きたくないと思っているのであれば、断って行かなきゃいい。大丈夫、そう簡単に関係は崩れないから。
 
 
社員旅行や修学旅行じゃないんだから、付き合いが含まれてる、我慢しなきゃいけない娯楽なんていらない。
 
 
自分と相手のわがままが叶う旅行にして、最高の思い出を作っていきましょう。