応援なんていらない。お願いだから肩書きだけで判断しないで

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
94年生まれの女子大生。複業として自分の名前でも仕事がしたい。脱力系だけど、考えることは大好き。
 
どーも、ヌイ(@nui_nounai)です。
 
 
就活などでバタバタしてましたが、つい最近落ち着いたので、過去のことを思い出していました。
 
 
そしたらふと、高校3年生の頃を思い出した。私は大学1年まで、ある質問がすっごく嫌いだった。なんか急に思い出しちゃった。
 
 
「国際学部に入ると何になれるの?」「夢は?」「英語を使った仕事をしたいんだ?」
 
 
たくさんの大人に質問されて、私はすっごく戸惑った。雰囲気的に普通に察した。「肩書き」を言ってほしかったんだと思う。誰にでもその人のレベルがわかる、ものさしみたいなもの。
 
 
だからあえて私は、「今は何になるかは決めてないです」ってずっと答えた。
 
 

お願いだから「肩書き」で判断しないで。夢がないって勝手に思わないで

 

 
両親は資格職だし、親戚も資格職が多い。だからこそ、「安定=資格職」っていう風潮がすっごくあった。でもさ、あんたたちの時代と違うわけよ。
 
 
大学受験のために高校ではコツコツと頑張ってきて、それなりの順位をとってきた。すべては指定校推薦で、希望の大学に確実に行くために。親もそれをわかっていて、受かった時はすっごく喜んでくれた。
 
 
でも受かった報告をしてると、大人たちが「国際学部か~。将来は何になれるの?」って聞いてきた。私は答えないから、親も心配になってくるの。「国際学部で就職はうまくいけるの?」って。
 
 
親は今ではかなり応援してくれているし、信頼してくれている。でも、当時はすっごく悔しかった。母とは結構喧嘩もした。
 
 
1番腹立つのは私のことを一部しか知らない、親戚・お母さんの友達・近所の人たちが分かった顔すんの。「夢がなくて可哀そうだね」みたいな感じであしらうの。ちょっと自意識過剰かもだけど。
 
 
「国際学部は何を勉強するの?」という質問なら、喜んで答える。「それは楽しそうだね、頑張ってね」でいいじゃん。なんで肩書きを言わないと、夢がないつまらない奴みたいに扱うの?
 
 
スポンサーリンク

応援してなんて言わないから、そっとしておいてほしい。見守っててほしい

 
 
「今の若者は夢がないな~」とか言ってるけど、本当は言えない雰囲気をつくってるんじゃないかなって思う。大人の思考停止が、子供の思考停止になっているんじゃないかと。
 
 
応援なんて本当にいらないから、ただただ見守っててほしい。本当に勝手に判断しないでほしい。あんたが思っている以上に、こっちはいろいろと考えてるんから。心配なんていらないよ。
 

もちろん家族以外の周りの大人たちには、こんな夢を言わない。「複業」って言ったところで伝わらないし、どうせあざ笑うでしょ。
 
 
コツコツと淡々と。そして超悔しいから、馬鹿にした奴全員見返したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です