面接で落ちる人へ。集団面接全勝の私が原因と受かる為の秘策を伝授

この記事に辿り着いたあなたは、集団面接になかなか通らずに悩んでいませんか?
 
私は幸い、集団面接・グルディスをすべて通過しました。集団面接は他の就活生と比べられる選考でもあり、メンタル的に大変な選考ですよね。
[aside type=”boader”]
  • 集団面接になかなか通らない
  • 1・2次面接に通るコツを知りたい
  • どうして自分は通らないんだろう?
[/aside]
僭越ながらこのような悩みや疑問を抱えるあなたに、すこしでも参考になれたらうれしいです。
 
選考で出会った就活生を見て、「この人落ちるな」という特徴が3つのケースに分けれたんです。 でもここを改善すれば、通過率はぐっと上がり、一気に最終面接にまでいくはずです。
 

面接が通らない特徴①清潔感がない

 私はIT業界(主に業務効率系)の総合職に絞って就活をしました。総合職だと、ほとんどが営業職になると思います。
 
仮にあなたが、面接官だとします。就活生の外見が下記だった場合、一緒に働きたいと思いますか?
[aside type=”boader”]
  • スーツやシャツがしわくちゃ
  • 靴が汚かったり傷だらけ
  • 髪がボサボサ
  • バックの中身がぐちゃぐちゃなのが丸見え
  • 肌荒れがひどいのに隠そうとしない(特に男子)
[/aside]
実際に会った就活生です。面接官も「一緒に働いても問題ないのか?」と、不安になると思います。
 
テストでいう問①くらい簡単に、清潔感を保つことなら誰でも努力できること。ここで減点されてはもったいないので、必ずゲットしましょう。身だしなみは最低限のマナー。
 
本当に通過したいのであれば、まずは第一印象から。些細なことかもしれませんが、ここを侮ってはいけません。第一印象で変えることは可能です。
 
小さいことからコツコツと積み重ねていきましょう。やがて大きな評価につながります。
 

面接が通らない特徴②自信がない

自信過剰もよくないですが、自信がなさすぎるのも問題です。「安心してお仕事任せるか?」と、面接官も不安になるからです。
[aside type=”boader”]
  • 目を合わせながら話せない
  • 声が小さくて聞こえない
  • 話を端的にまとめられない
  • 逆質問でもじもじ
  • 面接官をラスボス並に怖がる
[/aside]
「自信がない」と一言で片づけてしまいましたが、上記の行動は、すべては自信のなさからきていると思ってます。
 
以前、16社中14社に内定をもらった友達にインタビューをしました。彼女も「自身のない子は落ちる」と豪語。 詳しくは、ちょっと下世話な話をテーマにこちらの記事にまとめてます。
 
もちろん相手を敬うことは大切ですが、へりくだり過ぎても逆効果。社会人と対等に話せるようになることで、一気に面接での印象はよくなります。

社会人話せる機会はある 

余談ですが、社会人慣れにすこしでも役立つサービスを2つ紹介します。ぜひこの機会に、登録してチャレンジしてみてください。

①ニクリーチ

ニクリーチではランチをご馳走してもらいながら、人事と直接お話しできるんです。詳しくは、参加した私がリアルな感想とメリット/デメリットを語るでまとめてます。ユニークでよかったです。
 

②ビズリーチ・キャンパス

こちらはOGOBと直接連絡ができるサービスです。実はこのサービスは、現在GMARCH以上の大学としか提携が結ばれていません。なので私は使用できず。(使ってみたかった)
 
難関企業の特権です👌OGOBだからこそ気軽に聞ける人もいると思うので、よかったら社会人慣れの一歩に使ってみてはいかがでしょうか?
 

面接が通らない特徴③コミュ力がない

正直「コミュニケーション能力」1番大切と言っても、過言ではありません。清潔感や自信のなさでちょっとヘマしたとしても、コミュ力さえあれば1・2次面接は通ります。
 
私が考えるコミュ力は、就活で3つの大切なコミュ力を意識したら、面接でずば抜けて飛躍したという記事でまとめました。簡単に言うと下記の3点👇
[aside type=”boader”]
  1. 面接官のニーズや意図を読み取ること
  2. ニーズに対して、的確かつ端的に答えること
  3. 相手への配慮
[/aside]
私は就活中「コミュ力」を特に意識しだしてから、基本的には最終面接or内定という結果まで飛躍しました。
 
実際に出会った就活生を例にしてみたりして、記録してます。2000字ほどのボリュームなので、サクッとついでに読んでいってください。
 

おわりに:落ちる特徴を反面教師にして、集団面接を軽々と突破しよう!

集団面接で落ちる学生の特徴を、3つに分けてみました。大切なのはここを反面教師にして、逆のことをすること。
[aside type=”boader”]
  1. 清潔感がない
  2. 自信がない
  3. コミュ力がない 
[/aside] 

反面教師にしてを行く👇
[aside type=”boader”]
  1. 外見を整え、清潔感を意識する
  2. 自信を持つ
  3. コミュ力を常に意識する
[/aside]

かなりシンプルです。集団面接だけではなく最終面接までも、軽々行けます。意外とたくさんの学生が、できてないですから。 

慣れるまでが大変ですが、面接のコツが掴んでくれば不思議と自信もつき、どんどん楽しくなってきます。ぜひ今回から、意識してみてください。
 
無事にあなたが突破しますように、応援しております。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回紹介したサービス

今回、社会人慣れしたい方におすすめのサービスを、2つ紹介しました。下記のリンクになりますので、是非公式HPをみてよかったら登録してみてください。
[aside type=”boader”]
■社会人とお会いできるサービス
[/aside]
他にも、必ず登録しておきたい、おすすめの就活サイト/サービス13選という記事で、就活サービスを紹介しているので見てみてくださいね。