就活ファールの面接指南で面接官の気持ちなると、内定にぐっと近くなる

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
94年生まれの女子大生。複業として自分の名前でも仕事がしたい。脱力系だけど、考えることは大好き。
 
 
 
どーも、ヌイ(@nui_nounai)です。
 
 
今は18卒として就活をおえた私ですが、就活中にあるサービスにどっぷりハマってしましました。
 
 
その名も「就活ファール」です。
 
 
就活や面接がとても不安なあなたに、ぜひ見てほしいです。就活は、面接官の気持ちになることが本当に大切なので。
 
 
きっとあなたも、「就活ファール沼」にハマることでしょう。かなり強烈ですから。
 
 

就活ファールってなに?

就活ファール!は、人事のプロによる面接指南や内定者からのアドバイス、企業研究など就職活動に役立つ情報が満載の就活バラエティ番組です! 
組織コンサルティング会社である、株式会社JAMさんが提供している動画サービス。就活を控える3年生が、面接指南してもらうのですが、、、。
 
 
もう、見てもらった方がはやいので、まずこれみて下さい☟
 

キビシイ。この方は結構指摘されたケースですが、ここまでではなくても今の自分の状況を厳しく指摘されます。
 

女子にも結構、容赦なかったですよ。参加者のメンタルがすごい。

 
スポンサーリンク

就活ファールの視聴方法は?

  1. YouTube
  2. 就活ファールに無料登録する
視聴方法は主に2つです。
 
 
YouTubeでもみれるのですが、限られた動画しかみれません。すべての面接指南をみたければ、登録しましょう。
 
 
SNSで連携して登録もできるので、数分で完了します。
 
 

特に個人的に参考になった面接指南を3つ紹介

 
好きな面接指南たくさんあるのですが、その中でも特に参考になったという観点で3つ選んでみました。
 

明治学院大学 今井柚良さん

 
今井さんには、面接で受かるヒントがたくさん隠れています。この方をみて、私は3つのコミュ力の仮説ができあがったくらい。
  1. 面接官のニーズや意図を読み取ること
  2. ニーズに対して、的確かつ端的に答えること
  3. 相手への配慮
たしかに、人材業界を志望する理由はこの当時は弱いですが、そのほかはほぼ完ぺき。就活数か月前でこのスペックはかなりすごいです。参考にさせてもらった点です☟
  • やわらかさと芯の強さがでるアピール法
  • 話の受け答え、切りかえし
  • 反論に対して一回受け止め、そのうえで返す方法
  • 話のトーン、間、言葉えらび
「A級ランク特Aはつけない」と言われた今井さんが、その後頑張った結果、大手ゼネコンに内定もらってます。本当にすごい。その話もとても役立つので必ずみてほしいです。
 

正直ここまでくれば、学歴は関係ないんだと実感しました。ぜひあなたの目でみて、確認してみてください。
 
 
私も中堅私大の身分なので、かなり勇気づけられました。ヒントがつまってます。 
 

東京理科大学 伊藤慎二さん

はっきり言いますが、がっつり反面教師に(笑)水谷さんに指摘されているように、不快感をあたえる話し方。 
 
 
面接官に不快感をあたえずに、クリーンな印象を与えるにはどうすべきか。これが安心させることに繋がるので、就活生として超大切なマインドセット。
 
 
伊藤さんの面接指南はYouTubeにUPされていないので、気になる人はぜひ登録してつづきを見てみてください。
 
 
スポンサーリンク

就活ファールを通して就活生を客観視することで、面接官の気持ちになれる

 
私は就活中に、「面接講座・練習」には1度もいきませんでした。理由は面倒なのと、就活ファールで吸収して自己練習すれば、いけるなと思ったからです。結果、予想どおり。
 
 
面接官を制すには、いかに面接官の気持ちになることができるか。就活ファールの1番のいいところは、就活生を俯瞰的にみて、面接官の気持ちになれるところだと思います。
 
  • 経験だけを伝えてしまった結果、独りよがりだと指摘された就活生
  • 高学歴だから大丈夫だと油断してしまい、こっぴどくやられた就活生
  • 今井さんのように中堅私大をコンプレックスに、就活を頑張って優秀な成績をおさめた就活生
  • 生意気なんだけど愛嬌があり、なぜか憎めない就活生
すべてがリアルです。
 
 
何度も見ていくと「真似すべき点」と「反面教師にする点」がハッキリ分かれてきます。シンプルに、そこを自分の中で取り入れていけば大丈夫。
 
 
あと就活を実際に行って思いましたが、こんなに圧迫面接は正直そんな多くはありません。その点は心配ないと思います(笑)
 
 
面接指南の他にも、「3分間自己アピール」や「ヒーローインタビュー」といったカテゴリーも、かなり面白くておすすめなので就活生は要チェック。
 
 
ほかにも私が就活をおえて感じたことを、就活カテゴリーでたくさん書いているので、読んで頂けるとうれしいです。