休学したいけど就活に影響しないか不安なら、2つのことをまずは意識しよう

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
94年生まれの女子大生。複業として自分の名前でも仕事がしたい。脱力系だけど、考えることは大好き。
休学希望
休学したいんだけど、就活に影響するのか不安だな。周りに休学している人がいなくて相談もできないし。
ヌイ
なら私が答えるよ!18卒として就活もおわったし、タイムリーかな!
 
 
どーも、ヌイ(@nui_nounai)です。
 
 
ここに来たあなたは、「休学したい。だけど就活に影響しないのかめっちゃ不安」と思っている1人でしょうか。もちろん、不安になりますよね。
 
 
私は卒業を半年残し、1年思い切って休学しました。そして18卒として就活をおえて、今こうしてブログを書いています。
 

 
最近ありがたいことに、LINE@を通して相談されることが増えてます。そして自分の中でやっと、答えがまとまりました。
 
 
私は休学肯定派です。ですが、「休学が就活にまったく影響しないよ」と断言することはできません。
 
 
でも、むずかしいことは気にしなくても大丈夫。
 
  1. 「なぜ休学しようと思ったのか」は必ず聞かれる
  2. 数字で表せる結果があったほうがいい
 
基本的には、シンプルに2つのことだけ意識してほしいんです。それだけで大丈夫かなと。
 
 
今回は悩めるあなたに、私なりのアドバイスをしたいなと思います。
 
 

①必ず「なぜ休学しようと思ったのですか?」と質問されることを意識する

なんとなく想像できると思いますが、面接では100%聞かれます。聞かれないことが、ありえない。
 
 
たとえば留学やインターンなど、すでに認知度が高い理由なら問題はないと思います。
 
 
でも最初からハッキリした目的がある人は、意外と多くはないのかなと。私もその一人で、休学をした本当の理由は「就活したくねぇ、働きたくねぇ」です。
 
 
ほかにも、去年はまだ自分のことをよく知らなかったし、だから行きたい企業とかも見つからない。
 
 
このまま内定貰って卒業して社会人になったとしても、絶対に後悔すると思った。だから休学しました。
 

目的は後付けでも大丈夫。何とかしようとするから、何とかなる

 
目的は後付けでも大丈夫ですよ。
 
 
私は休学中にスモールビジネスをしていて、就活中の「学生時代に1番力を注いだこと」もビジネスのことを話していました。
 
 
でも休学してやるなとは思っていましたが、本当の目的ではないです。でも何とかしようと思って必死だったので、就活では話しに全く困りませんでした。
 
 
当時本当の理由である、「働きたくなかったので休学しました」なんて言ったら100%落ちます。
 
 
でも後づけの理由を整えたらそれなりの理由もできあがったし、なんとかなります。
 
 
必ず面接中に聞かれると意識していれば、気づきをメモしたりすればいい。覚悟を決めれば、行動も意識も変わりますよ。
 
 
覚悟がきまって行動を起こし、成功体験を積んでいけば自信もわいてくる。不思議と就活の怖さは、少しずつなくなってきます。
 
 
むしろ就活が楽しみになるかも?私はそうでした。
 
 
スポンサーリンク

②数字で表せる結果があった方がいい

 
すこしシビアな話もしますね。
 
 
半年~1年の休学をして学生期間をのばした分、やはり結果や過程はほかの学生よりも問われると思ってください。
 
 
数字の話をした理由は、結果を客観的に伝えるために1番有効的だから。
 
 
ほかにも数字を用いて話せることで、下記のメリットが。
 
  1. ロジカルな印象になり、説得力が増す
  2. 成果を出すまでのストーリーが明確にでる
「〇〇を頑張りました」と語っても、どこかふわっとしてしまいます。
 
 
なぜならあなたの凄さを、客観視できないからです。休学してない学生だったとしても、そんな就活生をたくさん見てきました。
 
 
逆に言えば「数字」を用いて語ることで、他の就活生より大きな差別化につながる。 
 
 
宣伝になりますが、めっちゃ詳しく知りたい人は私の有料マガジン「ヌイの低燃費就活戦略」の、「ロジカルに話すには、数字を入れることで必ず飛躍する」 の購入をおすすめします。
 
 
実際に私が面接での質疑応答を下に、どうやってロジカルに伝え、ストーリーを伝えたのか。
 
 
そしてどようにして、面接官を説得させることができたのかが、覗けると思います。
 
 
よかったら、単品購入もできるので検討してみてください。
 
 

おわりに:そんなむずかしく考えなくていいよ。休学してみたら?

 
  1. 「なぜ休学しようと思ったのか」は必ず聞かれる
  2. 数字で表せる結果があったほうがいい
実際に就活をして感じたことを下に、感じたことをアドバイスしてきました。
 
 
世間一般的に考えたら、休学ってハンデだと囚われがち。
 
 
でもあなたが一生懸命やってきたことを、きちんとロジカルに伝えることができれば、必ず面接官に伝わります。
 
 
私は休学して自分とたくさん向き合ってきたことで、むしろ就活がうまくいきました。控えめにいて、休学してほんとうに良かった。
 
 
だから休学にちょっとでも関心があれば、挑戦してほしい。目的なんて、後づけでいいんだよ。
 
 
たかが1年ですが、私はとても有意義な時間を送れてます。現にこうして自分の経験をシェアすることで、あなたと出会えてますしね。
 
 
もし何か相談がありましたら、TwitterのDMやLINE@で気軽にご相談ください。私にできる話なら、シェアさせていただきます。
 
 

 
スポンサーリンク

noteマガジン「ヌイの低燃費就活戦略発売中」

 
この度ブログではけして書けない、もっと込み入った話をnote限定で書いています。
 
 
私は「休学」×「中堅私大」×「尖ったガクチカ」といった、世間的にみたらハンデを抱えた就活となりました。
 
 
そんな私が低燃費にそこそこの結果をだせたワケとは?質疑応答や図解をつかって、4つの戦略をかなり詳しく晒しているので、よかったら是非ご検討ください。
 
 
戦略のほかにも、1次情報を下に書いたコラムも執筆します。買い切りで購入時の値段ですべて読めるようになるので、早めの購入がお得です。値上げもします。
 
 
詳しくは下記のリンクからどうぞ。まずはプロフィールと免責事項からご覧ください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です