「最終面接 逆質問」と検索してる就活生、そのままでは落ちるかも。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
94年生まれの女子大生。複業として自分の名前でも仕事がしたい。脱力系だけど、考えることは大好き。
就活生
はじめての最終面接、すっごく緊張してきた。逆質問、何聞けばいいんだろう。あああああ
ヌイ
はじめてなら、より一層緊張しちゃうよね。私もガチで調べまくって言ってたけど、実は苦い思い出があるんだよね。自分の頭で考えることが大切だよ。
 
 
どーも、ヌイ(@nui_nounai)です。
 
 
この記事に来ていただいた方は、「最終面接 逆質問」と検索してたどり着いた最終面接を控えた就活生でしょうか?
 
 
最終面接への切符を手に入れたからには、内定は絶対に取りたい。お気持ちすっごくわかります、私もそうだったので。
 
 
18卒として就活をおえた私ですが、今日はそんなあなたに僭越ながら1つアドバイスをさせてください。
 
 
調べた質問ばかり当日に言っても、面接官にはバレてしまいます。逆質問と言えど、自分の頭でしっかり考えましょう。
 
 
今回は私の苦い実体験を下に、コピーばかりではなく自分の頭で考える重要性を、シェアしていこうと思います。
 
 

ネット上で調べた「逆質問」ばかり質問したところで、面接官にバレバレだよ

 
 
私は6社エントリーした中で、第一志望の会社は2社でした。1社は最終面接で落ちて、もう1社は内定を貰っています。
 
 
今回は前者である、最終面接でおちた会社での出来事。
 
 
はじめて最終面接に行けた会社で、且つ第一志望だったのでミスしたくないあまり、焦ってネット上の情報を頼りにしていました。
 

私が実際に体験した、最終面接での失敗談

 
私は、同じく「最終面接 逆質問」で出てきた質問を、コピーして言ったのです。 
 
面接官
それではここからは逆質問です。聞きたいことがあれば、なんでもどうぞ。
ヌイ
はい。入社までにしておいた方がいい勉強やスキル、準備した方がいいことなど教えて頂けますでしょうか? 
面接官
あ~実はその質問、今日だけで何回も聞いたんだよね…。特になくて、悔いなく残りの学生生活を送ってくださいってだけかな。
ヌイ
・・・ありがとうございます。
 
今はもう過ぎた話なのでこうしてネタにできますが、当時はかなりしょんぼりしちゃいました。
 
 
ネットで検索したのを丸々コピーしたのがバレていましたし、当たり障りのない質問で突破しようって思ったのも、お見通しでした。
 
 
今まで何百何千の就活生をみてきている面接官を、なめてはいけません。ネット上で調べたことをただコピーしていると、必ずバレますよ。
 
 
スポンサーリンク

自分の頭でしっかりと考える。逆質問はあなたの能力も試されているよ

 
面接官には厳しいことを言われてしまいましたが、ネット上の言葉だったとしても、気になっていたことではあったんですよね。
 
 
理由は、「せっかく働くなら若手の頃から活躍したい」「できるビジネスパーソンでいたい」と思ったからでした。
 
 
だから意味合いは近いけど、より伝わりやすく伝え方は変えました。
 
 
最終的に分解した結果はこんな感じです☟
 
 
 
ヌイ
1~3年目の若手の時期から、御社で活躍する方々の特徴を教えて頂きたいです。私も御社で若手の頃から活躍できるビジネスパーソンになりたいので、アドバイスを頂ければ幸いです。
 
ザ・就活生って感じですね(笑)ふだん脱力系の私ですが、就活はきっちりやってましたよ。
 
 
この質問が適切かどうかはわかりませんが、実際に感じた手ごたえは全然違いました。
 
 
質問を通して社風を垣間見れたり、求める人物像とリンクしていたり、社員さんが熱く語ったりしておもしろかったです。よかったらパクってみて下さい。
 
 
べつに新たな質問を考える必要はないと思っていて、+αちょっと加えるだけでも、コピーだけしかしていない就活生より際立つはずです。
 
 
最終面接では主に経営者との面接になると思うので、経営的な質問を投げかけてもおもしろいと思います。
 
 
余談ですが、ほかにも個人的におすすめな逆質問は、1次面接から面接官に入社理由を聞くこと。
 
 
就活生は基本的にジャッジされる側ですが、この逆質問によってジャッジする側に立てます。よかった単語や言い回しはパクったりしてました。結構使えます。
 
 

おわりに

 
今回は私の失敗談を下に、「逆質問はコピーではなく自分の頭で考えよう」という話をしてみました。
 
 
最終面接と絞って話していますが、1次面接から意識してください。
 
 
もちろん逆質問の質だけで受かる・落ちるに直結する問題ではありませんが、油断は禁物。
 
 
逆質問も面接の評価の基準にもなるので、気を抜かずに淡々と考えていく。
 
  • HPに書かれている内容は聞かない
  • 福利厚生関連は避ける
この2点を気をつければ、基本的には大丈夫です。あとはあなたの聞きたいことを洗い出しして、整えて質問をする。
 
 
ぜひ私を反面教師にして、いい結果をつかみ取ってください。
 
 
ほかにも私が就活をおえて感じたことを、就活カテゴリーでたくさん書いているので、読んで頂けるとうれしいです。
 
 
 
最終面接、応援しています。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です