嫌なことや逃げたいことから逆算して好きなことを探す。これも素敵な目標だ

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
94年生まれの女子大生。複業として自分の名前でも仕事がしたい。脱力系だけど、考えることは大好き。
 
思えば私は、嫌なことからゆるりと避けて生きてきた。かなりのわがままだと思う。
 
 
でもそれでもいいんじゃないかなって、思っている。だって、大概うまくいったし後悔はないから。
 
 
人間、もっと自分の主張はしてもいい。そして、苦しんで自分の苦手をのばす必要もないと思ってる。
 
 
嫌なことから逃げれることだって、大きな幸せ。もっとシンプルでいいんだよ。
 
 

今までの人生、ふりかえると「嫌なことリスト」をつくって好きなものを見つけてきた

「やりたくないこと」を明確化することによって、本当にやりたいことが見つかる。それは、あなたの潜在的に思っている願望を引き出してくれる。(中略)

「やりたくないこと」を明確化する前に、「やりたいこと」を目標としてしまうと悲劇だ。なぜなら、「やりたいこと」のなかには、「やりたくないこと」が含まれているからである。

 
これは「非常識な成功法則」という本の一部を抜粋したもの。かなり本質的なことが、書かれていると思う。
 
 
最初は「なるほどな~」とは思ったんだけど、そういえば今までの私の人生、嫌なことから逆算して行動してきたなって思った。本読む前から、すでにやってたわ。
 
 
嫌なことを、本当にやりたくないからね。ここからは、時系列で4つのエピソードを語っていくね。
 
 
スポンサーリンク

中学時代にはじめて部活に所属。卓球部を選んだ

 
ほんとうは、部活に所属したくなかった。土日の練習や上下関係がめんどくさそうだから。
 
 
でも私の中学では、ほぼ強制。だから入部した。部活選びは、嫌なことから避けて選んだ。
 
ヌイ
どうせ高校に入ったら部活はしない。焼けたくない。シミ・そばかすを生む可能性あるし。無駄に筋肉もつけたくない。超きついトレーニングなんて絶対イヤ。先輩怖いのもイヤ。でも運動部がいい。あ、卓球部かな。
 
嫌なリストを頭の中でつくりあげて、残ったのが卓球部。いわゆる消去法。
 
 
親戚や大人たちに入部理由を聞かれて、素直に答えた。「え?」って顔をしていたのは今でも覚えている。
 
 
大人からすれば可愛くないよね。もっと子供らしく「これが好き!辛くても頑張れる!」みたいな、キラキラしたこの方が数倍もかわいいもんね。
 
 
でもね、こんな意識低い理由で選んだ卓球部。ぜんぜん後悔はしていない。
 
 

大学受験の頃。勉強が苦手だから「指定校推薦」だけを目指した

私は勉強に対して苦手意識が強かった。いちいちカリキュラムが決められていて、苦しかった。
 
 
そして、ブログを読んでくれている人ならわかるかもしれないけど、私はケアレスミスがひどい。何度確認しても、必ずミスがある。小学校の頃は、通信簿にも書かれていた。
 
ヌイ
ケアレスミスはひどいし、なかなか治せない。勉強好きじゃないし、土日に10時間勉強とか耐えられない。しかもそんなに頑張って合格が約束されるわけじゃない。ここは指定校推薦、確実に取ろう。
 
ラクに大学いける方法はないのかと頭を悩ませ、こんな感じで逃げるように、指定校推薦にしがみついた。
 
 
高1の頃に指定校の存在を知ってから、学内テストだけはがんばっていた。友達が中弛みの時期に入っても、私は淡々と。偉いぞ。
 
 
その代わり、大人と関係性をうまく築くのは我ながらに上手で、高校の担任にはみんな好かれていた。勉強は苦手だけど、この辺は今でも頭が回る私。
 
 
そして高3の10月には受験は終わり、無事に志望大・志望学部に推薦で合格。
 
 
意識低い受験期を過ごしたけど、ここでも私はまたまた後悔はしてない。
 
 
スポンサーリンク

就活は自分の嫌なことをすべてリスト化して、その逆の会社だけにエントリー

18卒として、6月に就活が終わった。私は軸選びの1つに、「こんな会社嫌なリスト」を作成してその逆の会社に行った。
 
 
【自分の嫌な会社リスト】
 
ー長時間労働
ー飛び込み営業
ー勝手に転勤を命じられる
ー週休完全2日でない
ー大手(人が多すぎる)
ー飲み会が風潮的で断れない
ーガツガツしている人ばっかり
ー出世待ちな年功序列
ー風通しが悪い
ー不安定
ースーツで働く
 
 
そしてその逆の会社を、探して探して探しまくった。あの頃は大変だけど、ワクワクした。
 
 
もちろん、入社してみないとわからないんだけど、無事に理想の会社に出会えて内定を貰っている。
 
 
この願望を聞いた人は、「そんなわがままな会社ないから無理だよ、妥協しなよ」と言い放ったけど、無事に叶ったよ。ざまあみろ。
 
 
私のいいところは、有名大学や難関企業に入りたいと思わない点なのかもしれない。
 
 
世間のものさしで翻弄されるよりも、自分に1番合っているところに身を置く方がずっといい。身の丈に合った生活が1番心地いい。
 
 
そして就活に関しても、またまたまた後悔はしてない。
 
 

いつでも逃げれる準備をしておきたいと思いながら、ブログと向き合っている

私はほんとうは、すきな時間にすきな場所で自分のペースで働きたいと思っている。
 
 
うん、会社員が向いていない典型的なタイプだよね。そんなの私が1番わかってる。フリーランスには憧れているよ。
 
 
会社には依存したくないし、生活のために働くみたいな思考は絶対に持ちたくない。だってそんなの、悔しいじゃん。だから複業がしたいんだよ。
 
 
会社が嫌になったら、いつでもゆるりと逃げよう。この心の余裕が持てるように、今がんばっているところ。
 
 
嫌なことからいかに避けて生きるかを考えることも、私にとっては大きな原動力になるんだなと、ブログを通して改めて気づいたよ。
 
 
スポンサーリンク

おわりに 

 
今日は私の超わがままな面を晒しちゃった。ゆとりワールド全開。
 
 
私はもっともっと、好きと嫌いをハッキリさせていいと思う。
 
 
そうすると「嫌われないかな」って思うかもしれないけど、あえてふるいに掛けて勝負に出てみるのもいいよ。
 
 
去った人は追わずに、残った人と良い関係性を築ければいいと思う。その方が断然ラク。
 
 
私は大きな夢とか野望は一応ある。だけど、あなたがなければ無理してつくる必要なんてない。
 
 
嫌なことからどう逃げるか考えることだって、十分幸せだよね。だから私は、夢を持とうなんて言わない。
 
 
これからも私は、嫌なことからゆるりと逃げれるような生き方がしたい。いや、しよう。
 
 
どんどん口に出して、叶えていくよ。
 
 

2017年8月26日 追記

 
ありがたいことに、こちらの記事がたくさんの方にシェアしていただき読まれました。ほんとうに、ありがとうございます。
 
 
ふと数日経って読みかえした時に、もしかすると一見勘違いされる可能性があるのかなと感じ、補足説明記事を公開しました。
 
 
今回の記事のエピソードの1つとなった、指定校推薦のことを掘りさげて綴っています。
 
 
本当に嫌なことからは逃げてきました。ですが私はその代わり、自分の得意をもっとのばす努力は必要だと思います。
 
 
つねに逃げてはいいとは限らないということが、伝わればいいなと思います。ぜひ一緒に読んでいただけると、うれしいです。
 
 

1 個のコメント

  • あなたのブログ読んだらつい最後まで見てしまうほど面白いものでした。確かにみんなは嫌なことをしないのは逃げてることだと思われるけど、逃げることは必ずしも悪いこととは限らないと言うことをこのブログを読んでしみじみと感じました。私もこれを参考に人生を送って見たいと思います

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です