大学生活、楽しめる人楽しめない人。衰退する人、飛躍する人

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
94年生まれの女子大生。複業として自分の名前でも仕事がしたい。脱力系だけど、考えることは大好き。
 
 
どーも、ヌイ(@nui_nounai)です。
 
 
私が中学生の頃美容師さんに言われて、とても印象に残っている言葉があります。
 
 
もちろん数年前なので、あくまでもニュアンスで捉えてください。
 
 
 
「 ヌイさんは若いからまだ理解できないと思いますが、意外と中高生の頃から成功体験を持っている人って後に衰退する人が多いんですよ。栄枯盛衰です。
 
中学生の頃はイケメンだったのに、残念になってたり。逆も然りで、地味系だったのに数年ぶりに会ったら急激にかっこよくなってたり。
 
成功するとか人生楽しんでいるかも、一緒。最初の結果が、ずっと続くってことはないんです
 
 
当時は私もまだ幼かったし、理解しきれずに「そんな馬鹿な」って思っていました。
 
 
でも今なら、ちゃんとわかります。
 
 
当時美容師さんはたしか25歳で、今の私は23歳。年相応になってやっと理解できてきたし、実際に目にしてきたから。
 
 

中高生の充実は、大学生活の充実とは直結しない 

 
つい数日前に思い切って呟いてみたら、かなりの反響でした。共感の声が多かったので、案外たくさんの人が感じているんだなと。
 
 
中高生の頃、「勉強」「部活」「リーダー性(社会性)」で活躍した人は、結構いましたよね。
 
 
私は、どこにも所属することはできませんでした。なので正直、どこかに属していた子が、とてもうらやましかったです。
 
 
でもあんなに輝いていた子が、案外大学では充実してなかったり。逆に中高生の頃にパッとしなかった子が、活躍していたり。
 
 
中高生の充実は、必ずしも大学生活の充実とは直結しないんです。
 
 
もう少し深掘りして、考えていきたいと思います。
 
 
スポンサーリンク

すでに成功体験がある人の中で、飛躍する人と衰退する人

 
成功体験を得た人の中でも、そのまま加速させる人もいれば、一気に衰退する人もいます。
 
 
衰退してしまう人の大きな原因は、負ける怖さなのかなと思いました。
 

 
勝ち上がってきた人生、急に負けるのは怖いですよね。
 
 
積み上げてきた結果は、自分のハードルを上げてしまうし、プライドを高くしてしまう。
 
 
そこで挑戦を躊躇した子を、私は何人も見てきました。
 
 
でももっと怖いのは、充実してる友達と比べていつの間にか虚しくなって自己嫌悪になり、自分を傷つける子もいるんですよ。
 
 
苦しめたり、グレてしまったり。 
 

 
いやー、わかります。真面目すぎる人が、案外グレるんですよね。 
 

相当、傷ついたんでしょうね。負けに対する免疫がないって、怖い。 
 

逆に衰退どころか、どんどん飛躍する人もいる

 
逆にずっと成長しながら、飛躍する人もいますよ。
 

 
こういった人の特徴は、逆にプライドを下げれる人。 
 
 
ふつうなら、自分の成功体験から抜け出せない人が多いのに、この人たち記録をどんどん更新していくんです。
 
 
挑戦もしているから失敗もする。でもそこで、糧にして燃料にして飛躍していくんですよね。尊敬しかないです。
 
 
更にすごいのは、類は友を呼ぶという言葉があるように、周りにも同じタイプの人が自然と集まる。もっと飛躍していくんですよ。
 
 

不完全燃焼で劣等感を抱いている人は、大きなチャンス

 
ここからは、不完全燃焼タイプの人に向けて書いていきます。
 
 
あなたは今まで成功体験がなかったり、何かに打ち込めた経験がない人ですか?
 
 
不完全燃焼ってほんとうにモヤモヤしますよね。
 
 
でも冷静に考えると、ただ自分を表現する場所がなかっただけではありませんか?
 

特別な学校ではない限り、学校で評価される場面って限られています。自分を表現できる場所って、学校生活にはなかったはずです。
 
 
現に私の周りの友達で一気に開花した子は、デザインや歌の才能があったり、タレント性が強くておもしろい活動をしていたり。
 

 
共通しているのは、「失うものなんてない」と大胆なんです。今まで開花されなかった鬱憤を、一気に晴らしている感じ。 
 
 
生き生きしているし、「居場所を探せた安堵感」が大きいのではないかと。
 
 
私もこっち側の人間です。例えば、今なら自分の経験や知識を、ブログを通してシェアできてとても楽しいんです。
 
 
中高生の時に劣等感があったり、不完全燃焼でやるせないと思ったら、むしろチャンスに思ってほしい。
 
 
大学生になると、自分で選択できる機会がどっと増えて、一気に楽しくなると思いますよ。
 
 
スポンサーリンク

おわりに:結局、どの学生も悔いなく楽しく過ごしてほしい

 
今回は「大学生活を楽しめる人楽しめない人。衰退する人、飛躍する人」というテーマの下、綴ってきました。
 
 
ちょっとシビアな話もあったと思います。
 
 
いろんなことを語ってきましたが、結局はどの学生も、楽しく悔いなく学生生活を送ってほしいんです。
 
 
  • 成功体験がある人は自分のプライドを下げて、行動のハードルを下げること。
  • 不完全燃焼で今まで終わった人は、その劣等感を燃料にしてチャレンジすること。
 
 
このメッセージが伝わったら、幸いです。
 
 
大学生活は今までのレールがないからこそ、良くも悪くも自分次第。
 
 
でもその自己責任を、私は存分に楽しんでほしいなと思います。
 
 
大学生活、楽しんでくださいね!
 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です