【TARGET】フィリピン留学ってどうなの?授業や寮生活風景を晒します

私は今、セブにあるTARGETでインフルエンサー枠として留学をしているのですが、もう少しで2週間が経とうとしています。

  1. 授業風景
  2. 寮生活の様子
  3. フィリピン留学全体の感想

今回の記事では、あなたに少しでもTARGET生活をシェアできればなと。3つに分けて紹介しますね。

TARGETの公式HPと比べると、かなりリアルな写真がつらつらと並びます。気になる方は、チェックです!

①授業風景

私が受けているコースはTARGET5で、1日マンツーマンレッスンが5コマ、グループレッスンが2コマになります。

  • 発音
  • 文法
  • 語彙
  • スピーキング
  • リスニング
  • リーディング

などなど。

自分が強化していきたい部分をマンツーマンで補うことが可能です。困ったことがあれば、オフィスで相談も乗ることができるので、気軽に向かってみてください。

私の場合、マンツーマンとグループレッスンでは、発音と会話を中心に受けています。放課後の勉強は、リスニング・リーディング・文法を自習で強化中。

もちろん、授業の内容は臨機応変に変えられますし、万が一講師が合わなかった場合も変えられるので安心ですよ。

②寮生活の様子

ベッドメイキング後:部屋はそれぞれタイプや間取りが変わります

寮生活

私は3人部屋を使っていて、2人の台湾人と部屋をシェアしています。

ルームメイトに恵まれ、毎日が楽しいです。部屋でも英語を話せる環境があることはありがたいこと。

ただ、1人部屋と複数人部屋のメリット・デメリットはもちろんあるので、後日別記事にしたいと思いますね。

リアルな写真になりますが、ザ・東南アジアといった感じです。ユニットバスで、もちろん3人でシェアしています。

正直最初は驚きました。来た初日は帰りたいなとも思いましたし、「ここで1ヵ月も暮らすの?」とも思いました。でもね、私の場合3日で慣れたんですよね。不思議。

私の部屋は火曜日と金曜日が掃除の日になっていて、フィリピン人スタッフの方がしてくれています。勉強に集中できる環境なので感謝ですね。

食事

朝・昼・夜と、1日3食が提供されます。土日は、朝食と昼食が一緒になったブランチと夕食の1日2食です。(土日の祝日は提供なし)

正直、味に関しては好き・嫌いがはっきり分かれると思います。

TARGETの留学生は、日本人と台湾人で主に構成されているので、台湾人向けに作られた時はちょっと苦手に感じることは多々あります。

味に飽きた時は、寮から10歩くとモールが近くにあったりレストランもあるので、ぜひ挑戦してみてください。

自習室

ダイニングルームなので、普段はここで食事をしています

 留学中に気になるとのは自習室ですよね。私が主に使っているのは、自習室とダイニングルーム。あとはベッドに横たわりながら、勉強してます。

欲を言えば、「もっと自習室が多かったらな」とは感じましたね。

③フィリピン留学全体の感想

ではここからは、2週間英語を学んで感じたことを簡単に。率直に言うと、本当にシャイな内向的な人にもおすすめしたいです。

私の知り合いで、欧米留学などで馴染めなかった人が結構いるんですが、その大きな理由って、グループレッスンが合わなかったんじゃないかなと。

でもフィリピン留学って、そのデメリットを改善してくれているんですよね。

  • マンツーマンだから気を遣わずに自分の課題をじっくりと向き合うことができる
  • フィリピン人は英語が第2言語なのでネイティブよりも聞き取りやすい
  • 間違いに寛容で、明るく励ましてくれる

シャイな性格も、少しずつ解放されているのがわかります。間違ったとしても、大きく失望することがないので、初めての留学にぴったりだと思いますね。

また詳しい詳細に関しては、4週終えた後に改めて記事にできればなと思うので、楽しみにしててください。

おわりに:衝撃的なカルチャーショックも数日で慣れる。めちゃくちゃ楽しんでます!

私は、東南アジア自体はじめてです。セブに来たときの衝撃は、今でも忘れられません。観光地のイメージが強く、きれいな島が近くにあるもんだと思っていました。

でもそんなカルチャーショックも、数日経てば慣れますし、すんごく楽しいです。「ああ、東南アジアってきっとこんな感じなんだろうな」って。

TARGETに来た週の土日に外食したら食あたりになって熱がでたり、その他いろんなハプニングありますが、丸っと含めて一興です。

フィリピンと日本の文化は全然違います。日本に普通にあるものが、ここではないことなんてしばしばです。でもその異空間が、私はとっても楽しい。

フィリピン留学の醍醐味は、もちろん生の英語を学べることもありますが、この異空間を肌で感じられること。

フィリピン留学情報はブログとTwitterで発信中!

そんなこんなで、フィリピン留学1記事目はこの辺で終わりたいと思います。少しでも伝わってくれたらうれしいです。

まだまだTARGETに関すること、そしてフィリピン留学に関することなど綴っていくので、楽しみにしてくれるとうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。