語学学校TARGETが初心者に強い理由とは?サポートのこだわりや講師の質を上げるための工夫

私はセブにある語学学校の1つである、TARGETにインフルエンサー枠で留学をさせてもらっています。

数多い語学学校中でも人気が高いTARGET。とても気になっていたので、他の語学学校との差別化や経営、コンセプトに焦点をあててインタビューしました。

  • どんな人にTARGETは向いているのか
  • TARGETが施すサポート面の特徴
  • フィリピン人先生の質を上げるための工夫

大きく3つに分けてシェアしていきますね。

インタビューに協力してくれたのは、TARGET社長の石原さんとマネージャーの椿さんです。

ヌイ
それでは本日は、根掘り葉掘り聞いていきます。宜しくお願いします!
石原さん
TARGET社長の石原です。よろしくお願いします。
椿さん
TARGETのマネージャーをしています、椿です。TARGETではメイソンと呼ばれています。よろしくお願いいたします。

TARGETはどんな人におすすめの語学学校なのか

ヌイ
セブって語学学校がたくさんありますよね。競合が多い中で、TARGETはどのような差別化を図っていて、どんな人に向いていると思いますか?
椿さん
色んな語学学校がありますが、うちは文法書を買ったはいいけどなかなか続かないといった、主に初心者の方に向けています。
椿さん
今ヌイさんに受けてもらっている「New Speaking Master(後日別記事に)」もそうなのですが、何度も英語を言い続けて体にインストールしていくカリキュラムが多いですね。
椿さん
割と「理論で考えるのが苦手な人」に、すごく向いています。「自分は結構感覚的だ!」という人ですね。感覚と理論の両方からのアプローチで英語学習がうちでは可能です。
ヌイ
たしかに「New Speaking Master」を1日2クラス受けていているのですが、論理と感覚の両方から勉強できる点はほんとうにためになります。少しずつ英語に瞬発力がでてきたのを実感しています!

TARGETが目指すのはグローバルイングリッシュ

椿さん
あと我々が目指しているのは、国際社会で通用する英語力です。「グローバルイングリッシュ」と我々は呼んでいます。
ヌイ
TARGETの公式HPにも「グローバルイングリッシュ」のことが書かれていて、気になっていました!
石原さん
意外と多くの人が間違った認識を持っているのですが、世界でネイティブレベルの英語を話せる人はほとんどいません。70%以上の人が非ネイティブと言われています。それでも仕事も旅行も、なんなら国際結婚も可能です。
石原さん
日本人ってネイティブレベルの英語を目指している人が多いんですが、重要なのはそこではなくもっと他のところです。コミュニケーションや行動力、チャレンジ精神に方が大切です。
ヌイ
確かに日本人って完璧主義な人が多いからか、上手に話せないと披露できないと思っている人は多そうですね。正直ネイティブレベルって、母国語以外の人はむずかしいですよね。
石原さん
そうなんです。なのでネイティブスピーカーを目指したい人は、うちには向かないと思います。その代わりに、グローバルイングリッシュを獲得できるような環境になっています。
椿さん
誤解を招かないように言うと、決して発音などをないがしろにしている訳ではありません。例えば、英語では母音よりも子音が大切なので、子音の矯正を行います。
椿さん
あくまでもネイティブを目指すのではなく、自転車を例に挙げると競輪選手じゃなくて、補助輪なしで行きたい所に行かせてあげられるような環境づくりをしています。
ヌイ
ほんと、TARGETは特に初心者にやさしい環境が揃っているということですね。私も初の留学なのですが、どんどん失敗できる環境はとてもありがたいです。
スポンサーリンク

TARGETの大きな強みでもある2つのサポート面

ヌイ
今までの流れで、TARGETのコンセプトや語学学校の核の部分がわかってきました。授業以外の面で、強みって何かありますか?
椿さん
「学習面」と「生活面」でのサポートを徹底していることも大きな強みです。他の学校では生活面でのサポートはあるけど、意外と学習面でのサポートってされていないんですよね。
石原さん
例えば、うちにはエレンという日本人スタッフがいるのですが、彼女は100人近くいるTARGETの先生を把握しています。そして留学初日に、彼女による学習ガイダンスが毎週行われます。ここまでしている語学学校って正直少ないんですよね。
石原さん
このように学習面でのサポートが徹底されているので、学生さんに合わせて適正な講師をマッチングさせてあげられるのも、大きな強みになります。
ヌイ
エレンさんって、本当にすごい方なんですね。私も学習面では、先生の件で相談させてもらいました。充実した授業を毎回受けているので、大満足です。
石原さん
彼女は責任感が強いのと、情熱がすごくありますね。こういったスタッフがうちには沢山いるので、学習面でのサポート面も安心してもらえればなと思います。

フィリピン人講師の質を上げるためにしていること

ヌイ
TARGETは講師の質が高いことも大きな強みだと思うのですが、フィリピン人講師の質を上げるために行っていることってありますか?
石原さん
他の学校は講師の評価をするときに、学生さんからのみとなっているみたいです。でもここには落とし穴があって、「学生がいいと思った先生はいい」ということだけになってしまうんですよね。
ヌイ
「タレント性」よりも「質」が大切ということですよね。
石原さん
そうです。なのでうちでは、講師の評価を厳しくしています。まとめると下記になりますね。

  1. 学生・マネジメント・アカデミックの総評価を数値化する
  2. 努力が評価される仕組み
  3. トレーニングを定期的にチームで実施
  4. インセンティブと表彰
  5. 在籍年数で評価されない制度
ヌイ
結構シビアですね。思った以上に細かく実施されているんだなと思いました、、。
石原さん
正直、ここまで評価を厳しくしなくても学校の運営は可能です。でも細かい積み重ねで講師の質が上がりますし、細かいところをやるかやらないかで、大きな差がでます。
椿さん
TARGETはチーム制を導入していて、月間優秀チームや月間TOP10の先生にはインセンティブをあげてます。年齢や在籍期間ではなく、頑張った先生がきちんと評価される仕組みになってますね。
ヌイ
大手日系企業のように年功序列ではなく、若手からでも活躍できる環境があるのはフェアでいいですね。講師も気を抜けれない環境ですね。

おわりに:どんどん失敗していい環境がTARGETにはある

全く英語ができない人と、少しでもできる人の将来の可能性は雲泥の差

ヌイ
ではこのインタビューも、そろそろ締めたいと思います。最後にお二人から留学を検討している方に向けて、メッセージをよろしくお願いいたします。
石原さん
「決してネイティブになる必要はない」ということを伝えたいです。そして「英語は才能ではないということ」も。
石原さん
ただ、全く英語ができない人と中級レベルの人の将来の可能性の差は、雲泥の差があります。ネイティブが100点だとして50・60点を目指すだけでも、大学生なら特に可能性はぐっと広がりますし可能性は無限大ですね。
ヌイ
例えばどのような差が生じますか?就職先での幅が広がるということでしょうか?
石原さん
就活や仕事の幅、居住国はもちろんですが、旅先で外国人との交流する際も、話せる内容の幅に大きな違いがでます。ほかにも英語の情報ソースで情報収集ができるかどうかで、可能性は大きく広がりますね。
ヌイ
なるほど。この中級レベルというのは、TOEICでいうと600点くらいでしょうか?
石原さん
完全に計ることはできないですが、それくらいですね。そして多くの人に誤解されるのが、この点数なら勉強すれば誰だって目指せます。
石原さん
うちに来て頂ければ、最短で到達できるような環境を提供できますので、安心してチャレンジしていただければなと思います。

失敗するのが怖いくせに、マウントを取りたがる人は一生一人で勉強してろ!

ヌイ
メイソンさんは何かございますか?
椿さん
1つ必ず言いたいことがあって、、。YouTubeに上がっている芸能人の英語のスピーチで、文法や発音の批判をしている人は、一生英語教育にお金を払い続ければいいと思います。一生外国人とコミュニケーションを取らずに、、。
ヌイ
わ~なるほど。私TARGETに来てから失敗することが全然怖くなくなってきて、この環境に慣れてきてるんですが、やっぱり発音などを悪く言う人って多いんですか?
椿さん
全然いますよ。特にネットで多いですね。失敗することが怖いくせに、すごくマウント取りたがるんですよ。
椿さん
もし英語を勉強するにあたって、発音やオンラインでも勉強などで批判をされたとしても、真に受けずに英語を楽しんでくれる人が増えると嬉しいですね。
石原さん
ほんと、失敗し続けてほしいしですね。失敗した時こそ、それまでにかけた時間とお金の価値があるわけです。安心して失敗しに来てほしいし、その環境は揃ってますよと伝えたいです。
ヌイ
私もTARGETに来てから、たくさん失敗してそこから学んでいます。失敗に寛容でない日本だからこそ、実際にフィリピン人と話していく中で内側から改善されるといいですね!本日はありがとうございました!

インタビューを終えて

インタビューを通して、すこしでもTARGETの目指しているゴールや理念が垣間見れましたでしょうか?

私が実際に留学していて、講師のレベルは高いなと感じています。成果の裏には数多い努力があったんだなと実感しました。

「英語初心者だけど留学にチャレンジしてみたい!」と思っている人には、特にTARGETの環境はおすすめです。失敗を受け入れてくれる環境は、本当にありがたいですよ。

TARGET情報

私が留学しているTARGETの詳細は、公式HPをどうぞ。詳しい金額や、キャンパスの情報、最新情報が載っています。

参考になれたらうれしいです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。