「会社辞めたい」と強く思った、新卒8ヶ月目。会社員のリアルと今後。

2018年から、とあるIT企業で営業職として働いている、ヌイです。

ヌイ

第一志望だった会社に、2018年4月に新卒として入社して、もう8ヶ月目が終わろうとしている。

正直ここまで、怒涛だったなと。うれしいことも、傷ついたことも、怒られたことだってある。家でも社内でも、泣いたことだってある。

上期が終わり、下期ももう2ヶ月が経った。そんな、ちょっと妙なタイミングの今日、わたしは今の感情を記録に残す。

 

結論から言うと、「会社員食わず嫌い」にならなくてよかったなと。会社員、意外と悪くない。

想像よりも楽しめている。会社員、思ったよりも悪くないぞ。

わたしは、こうしてブログやSNSで発信しているからか、ツイッター界隈の言葉をよく目にする。

「会社員を辞めてフリーランスでしょ」といった、尖った言葉をよく浴びていた。

会社員のよくない噂も勝手に吸収されるから、就活当時の最低限の目標は、「ブラック企業に行かないこと」。憧れの業界なんてない。ただただ、ホワイト企業に行きたかった。

ネットの強い言葉は、必ずしもそうとは限らない。

会社員になってすぐに思ったことは、「ネットの情報は自分に該当するとは限らない」ということ。

ネットに流れている強い言葉は、強いからこそ目立つのだ。「飲み会の上司の武勇伝がつらい」、「上司が自分に仕事を押し付けてくる」。

こんなことわたしは一度も体験していない。

 

百聞は一見に如かずなんてありふれた言葉だけど、案外間違っていない。

 

すこし前まではわたしのタイムラインに、「大学なんて行かなくていい」「新卒フリーランス」なんて言葉が旬だったけど、わたしは同感しない。

もし、そんなことを思っている大学生がいるんだったら迷わず、「ちょっと待って、会社員意外と悪くないよ?」と、今の現状を話すだろう。

 

ホワイト企業だからこそ。人と環境に恵まれているからこそ。

ただこれには理由があって、わたしの会社がとても「ホワイト企業」だからだ。パワハラ・セクハラなんてないし、飲み会だって強制ではない。

何が入社して1番驚いたって、わたしの会社の人は、ほんとうに会社をよくしようと頑張っている。みんな、目の前のことに一生懸命なのだ。

ネットの声と大きく違うから、これは大きな「ギャップ」だった。テキトーな人がいない。

 

よく、「ゆとり世代は、、」とテレビやネットでは、極端なエピソードをあげられたりしているけど、そんなゆとり社員、なかなかうちでは見かけない。

そして、社員はみんな、さん付け。「お前呼ばわりなんて普通だぞ」って聞いてたけど、1人もいない。ほんと、IT企業でここまでホワイトなのはめずらしいかも。

 

営業は適正には合わない気がするけど、こんな環境にも人にも恵まれているんだから、単純なわたしは、頑張ろうって思った。

会社員収入+複業が精神安定上とてもいい。

話をすこし変わるけど、わたしは会社員の他に、「ヌイ」として活動中。カッコつけていうと、複業家だ。大学生からはじめ、ここから収入が毎月数万円得ている。

 

同時に、会社員の「安定」と、フリーランスの「挑戦」のいいとこ取りをしている。これが精神安定上、とてもいい。

 

会社員とは全く別の顔での活動だからこそ、充実する。ヌイとしての仕事は、趣味の延長線上で、かつ好きな仕事しかしていない。会社員ではできないこと。

会社員とフリーランスは、相反する位置についていると考える人が多くいるけど、そんなことないと体感している。どちらのメリットも得られる、いい時代だ。

 

「会社を辞めたい」と強く思ったこともあった。ただ、今はやれるところまで頑張りたい。

冒頭にも書いたけど、2018年11月のはじめ、わたしは苦しいことがあって、「会社辞めちゃおうかな」と強く思っていた。なんなら、ラジオも録っている。(最後に貼ってるから、よかったら聴いてね。)

でも、その時の感情に逃げずに向き合ってぶつかって、すこしずつ解決策がわかってから、落ち着いた。今ではほんとうに、逃げないでよかったなと。

まあこれは、会社の環境と人に恵まれているからだけどね。

 

「とりあえず3年」という言葉があるけれど、わたしはこの言葉は嫌いだ。

とりあえず3年を信じて、「続ける」という選択をしているわけではない。なんかのタイミングで「辞め時だな」と思った時は、わたしは清くやめる。

ただ、今はそのタイミングではないし、できないから辞めるのはなんとなく後悔しそうな気がする。だから満足いくまでやってみたい。

社会にでるのが不安だった、1年前のわたしへ。

あなたが思っている以上に、現状に苦戦しています。涙の数も、悩んでいる時間も今の何倍もふえました。

だってしょうがない、今までのわたしはずっと、「無難な選択」だったから。

ただ、逃げずに頑張ろうとしているよ。すこし大人になりました。

3年つづくかわからないけど、まだちょっと、会社員を楽しんでやってみようと思います。

 

ラジオにて「社会人1年目のリアル」を赤裸々に語っています。

私が不定期で更新しているラジオ「二面性女子のキヲク日記」では、社会人のリアルや雑記などを気ままに更新中。よかったら、遊びにきてね。