【20卒】Offerboxのリアルな評判!使いこなした就活生が使用感を語る

 

Offerboxをがっつり使ってたヌイです。この記事では、他の利用者にもインタビューしてまとめます!

ヌイ

この記事に辿り着いたあなたは、Offerbox(オファーボックス)に、少なからず気になっているはずです。

「本当にオファーくるの?」「普通に内容が気になる」「逆求人って意識高ぇww」と思う方は、ぜひ最後まで読んでいただけると、参考になると思います。

この記事でわかること

  • Offerboxの概要
  • 有効的な使い方とメリット・デメリット
  • 実際にオファーをもらった企業の話

私は就活サービスをフル活用してた身で、Offerboxはよく活用していたサービスの1つ。結論、使い方次第で有意義な就活になりました!

この記事では私の体験談と、この春社会人になるタイガさんのインタビューを下に、有効的な使い方やメリット・デメリットを綴っていきます。

タイガさん(@yoshiki7318)の自己紹介

  • 金沢学院大学4年生
  • 就職先は大手メーカー(4月内定)
  • 8社中4社内定(1社最終辞退)

 

Offerboxとは

株式会社i-plugが運営している、逆求人系就活サービスです。もちろん無料。

「逆求人系と言えば?」と言われたら三つ指に入る、有名サービスの1つです。

大手のリクナビ・マイナビと大きく違う点は、「逆求人型就活」。企業側から「うちの選考受けませんか?」ってオファーがかかるわけです。

  1. Offerboxを無料登録する
  2. サービス内のESを記入する
  3. 後はオファーを待つだけ

登録内容は、他の就活サービスとほとんど変わりません。逆求人なので、「企業側のみが見れるES」を記入するだけで利用が可能です!

 

Offerboxをどんな用途で使っていたのか

では早速よろしくお願いします!オファーボックスを3年夏から、どういった目的で使っていましたか?

ヌイ

タイガさん

僕の場合、「早くから大手企業と触れたい」と思って使ったのが大きな目的でした。
なるほど。私も「早くから面接慣れしたい!」「企業にお会いしたい」と思って、使っていましたね。

ヌイ

タイガさん

確かに、「早期に選考慣れできる」のも有効的な使い方だと思います。

 

オファーをもらった企業に実際に会った話

タイガさんは、実際にオファーした企業さんの説明会や選考には参加したんですか?

ヌイ

タイガさん

1対1の会社説明会に参加しました。ただ、軸と合う会社ではなかったので、選考には参加していません。
私もまったく一緒です!実際に面接に参加してみて、どうでした?ざっくりとしちゃうんですが、、、

ヌイ

タイガさん

1対1の面談で、給与面ややりがいの話など、込み入った話ができたのがとてもよかったなって思います。
オファーされた身だからこそ、話せる事は確かにあります。

ヌイ

MEMO
タイガさんと私のエピソードをふまえて、「逆求人の面接」に関する別記事を詳しく別記事にします!

 

Offerboxのよかった点と改善点

よかった点(メリット)

  1. 志望以外の企業にもオファーが来るので視野が広がる
  2. 就活本格化する前から使える
  3. 社会人・面接慣れすることができる
  4. 企業によっては交通費がでる

タイガさん

実際に使ってみると、志望業界以外の企業や業種からオファーがたくさん来ます。就活初期の頃は、視野が広がりましたね。
わーわかります!就活初期って、憧れから絞ることってありますよね。「こんな会社あるんだ」って発見は良かったですね。

ヌイ

タイガさん

また、早期から使えるので、社会人慣れできたり、就活を早くから準備できるのもよかったです。
同感です。

ヌイ

タイガさん

あとは、交通費でたんですよ。これは企業によるんですが。地方学生にとっては、とてもありがたいです。
えーそれはすごい!助かる!

ヌイ

MEMO
※交通費は、すべての企業が地方学生に渡しているわけではないようです。ただ、お金に余裕がある企業は地方学生にサポートするケースもあるので、その点も視野に入れてみてください。

 

改善点(デメリット)

  1. オファーの枠をなくしてほしい
  2. プロフィールのテンプレがあるとスムーズ

タイガさん

あまり不満はありませんでした。ただ、オファーの枠が15社位しかなく「この制限って必要?」って思うことは、しばしばありました。

タイガさん

就活生によっては「まだ残しておきたいんだけど」って思う人もいると思うので、ここは無くしてもいいのかなって。
たしかに。私も12社くらいオファー来た時に、すこしぞわぞわしたのを思いました。

ヌイ

タイガさん

あと、プロフィール記入のレクチャーとかあってもいいかなって。まっさらな状態なので!
たしかに。私も書き直す中でオファーが増えてきたので、最初から上手く見せれるコツみたいなのあればいいかも!

ヌイ

 

Offerboxはこんな就活生におすすめ!

  1. 就活はじめたての人
  2. 地方学生の人
  3. 早期から大手企業とマッチングしたい人
  4. 自分の価値を可視化してみたい人
どんな人にOfferboxをすすめたいですか?

ヌイ

タイガさん

上記に当てはまる人には、とにかく相性はいいと思います。
3番目の「自分の価値を可視化してみたい人」が気になります。

ヌイ

タイガさん

逆求人系のサービスって、企業からの評価が見えやすいと思います。「オファー」という形でわかるので。

タイガさん

学歴・ガクチカ・自己PRなどを、文章や写真でどれだけ自分を表現できるかが大切になってきます。
わーたしかに。逆にこの限られた情報の中で表現できれば、実際の面接では強そう。自己ブランディング力があるってことだから。

ヌイ

タイガさん

そういった観点からでも、Offerboxは「自分を可視化するツール」としてチャレンジしてみるのもおすすめですよ!

 

おわりに:Offerboxは就活はじめたばかりの学生にぴったりのツールだ!

Offerboxまとめ

  • 志望以外の企業にもオファーが来るので視野が広がる
  • 就活本格化する前から使える
  • 大手とも早期からマッチングできる
  • 社会人・面接慣れすることができる
  • 企業によっては交通費がでる
  • 自分を可視化するツールになる

以上が、インタビューを通してわかった、Offerboxのリアルの口コミでした。ユーザーだった私も終始共感でした。

他にも診断なども力を入れていたと思うので、息抜きに使ってみるのも楽しいですよ。意外と、、、当たるんですよね。

 

逆求人って、どうも「意識高ぇ」と敬遠されがちですが、いざやってみると視野も広がっておすすめです。

ヌイ

ソウ

もちろん無料なので、早期から動きたい人はぜひ登録を!就活、応援しております。